禅で学ぶ「エンジニア」人生の歩き方

第9回 聴き方と問い方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

どうしても我々は,答えにBoolean値を求めがちですが,実際にはそんなに白黒がはっきりすることは少なくて,むしろ「すべては(それぞれに異なるとしても)灰色である」ことも少なくないのが現実です。

そんな中,如何に質問し,如何に答えるのでしょうか?

いわゆる「禅問答」という言葉から想起される,Boolean値に留まらない世界を少し垣間見てみたいと思います。

禅語「隻手の音声」

ランク:新人 カテゴリ:コミュニケーション

せきしゅうのおんじょう,と読みます。⁠隻手の声」という言い方もありますね。

隻手とは片手のことです。 これは,こんな公案(お話し)から来ています。

「両の手を打ち合わせたら音がする。では片手ならどんな音がする?」

さてもまた奇妙な話です。 そも「両方の手を打ち合わせたその行為で」こそ初めて音が出るのに,片手で出た音を聞けとは,どんな意味なのでしょうか?

ここでいくつかの,伝わっている話を列挙していきます。 その様々を一つずつ眺めていきましょう。

ある僧侶は一年をかけて悩み通しました。
別の僧侶は「右の頬を右手で叩いて音を出した」と言います。
さらに別の人物は「隻手の声を聞くよりも両手を打って商いをせん」と言い放ちました。

さて。 どれが正解なのでしょうか?

……と考えたあなたに質問をしましょう。そもそも「正解」とはなんでしょうか?

質問には,相手の思いが住み着きます。 極々当然ではあるのですが,相手は何かを思い,何か理由があって,問いを放ちます。
無論「何となく」な問いもあるでしょうが,それでもその奥底には,時として当人ですら気付かぬほどに深い理由があるものです。

もし,その問いに対して「正解」というものが,正しい解というものがあるとするのならば。
それは「問いを放つに至った深い理由を解きほぐすもの」であると,私は思います。

つまり「正解」に至る道を探そうとするのであれば,まずは「その問いが放たれた理由」という源流を深く知る必要があるのです。

では。
和尚は,どんな想いで「隻手の音声」という問いを放ったのでしょうか?
そして,答えた方々は,それをどのように捉えたのでしょうか?

話を,システムの現場に戻してみましょう。

システム開発において,お客様に,先輩に,同僚に,問われる場面というのは幾千幾万あります。

では。
あなたはその問いの「裏側にある想い」を,どれほどくみ取り,思いを馳せ,感じようとしているでしょうか?

例えば。
先輩から,1つのルーチン(関数でもファンクションでもクラスでもプログラムでもシステムでも)を組み上げるように言われたとしましょう。

「**というルーチンを組みたいのだが,できるか?」
これもまた一つの立派な公案です。

昨今,さまざまな検索エンジンがあり,多くの方々がさまざまなBlogや記事やwikiを書かれています。
あちこちに山のようにソースコードが落ちていて,コピペをすればある程度までのものは組み上がってしまうなんてことも多いでしょう。

そんなさまざまを用いて,考察もせずに組み上げることを。果たして本当に先輩は望んでいるのでしょうか?
先輩は何を想定して,何を思って,何を望んでその公案をあなたに出したのでしょうか?

あなたの出した答えは果たして「正解」だったのでしょうか?

例えば。
お客様から「この機能ってできるかなぁ?」という問い合わせがあったとしましょう。

その問い合わせが「文章をそのまま,文理的に解釈すればできない(工数的に無理だったり予算的に無理だったり技術的に無理だったり)⁠とします。

そこで「その機能は現状では無理です」と答えれば,お客様はおそらく「………そうですか」と引き下がっていくでしょう(多分)⁠

お客様は,何を思って「そんな無茶」を言い出したのでしょうか?
例えば,そこには深い理由や,聞いてみれば簡単な「別の解決策」はなかったのでしょうか?

あなたの出した答えは果たして「正解」だったのでしょうか?

質問の裏側にあるさまざまに。
あなたは思いを馳せているでしょうか?

隻手の音声。

あなたは,音無き音に耳を傾けようとしているでしょうか? それとも「そんなものはない」と一言で切り捨ててしまうのでしょうか?

今一度。
音無き音に耳を傾け,問いの裏側にある心に思いを馳せてみませんか?

著者プロフィール

がる

こなしている職業を語ると「……で,何屋さん?」と聞かれる,経歴が怪しいエンジニア。「知のコラボ」とか「シナジー」とかって単語で上手に糊塗してみたい。

コメント

コメントの記入