WEB+DB PRESS Vol.99

サポートページ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ダウンロード

■ご注意
  • 本コーナーは,本誌記事参考用資料としてのご提供を目的としております。
  • 本誌記載の内容およびサポートサイトで公開しているサンプルコードに基づく運用の結果について,記事の筆者,プログラムの作者/提供元,(株)技術評論社は一切の責任を負いかねます。ご自身の責任のもと,ご使用ください。
  • 各サンプルファイル/ソースコードには,個別に,ライセンスやREADMEファイルなどで注意事項/制限事項が添付されている場合がございます。その場合,該当のライセンス,注意事項/制限事項を優先して適用とさせていただきますので,ダウンロード後,内容をご確認ください。

特集1「[Rubyで学ぶ!]良いコードって何だろう?」

特集1のソースコードはGitHubでも公開しています。

特集2「[iOS/Android両対応!!]UIテスト自動化」

特集3「実践Kubernetes」

連載

  • 「どんとこい! フロントエンド開発」で使用されたソースコード
  • 「実践! 先進的インフラ運用 ── 検索してもでてこない,ホスティングの現場で培ったノウハウ」で使用されたソースコード
  • 「とれたてRuby」で使用されたソースコード
  • 「Perl Hackers Hub」で使用されたソースコード
  • 「Javaの新定石 ── モダンな技術で現場を加速!」で使用されたソースコード

お詫びと訂正

本書の以下の部分に誤りがありました。ここに訂正するとともに,ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

(2017年6月28日最終更新)

特集3「実践Kubernetes」
第5章「Kubernetesによるシステム運用」
P.100「Deploymentを1つ前のバージョンに戻す」直前のコード

$ kubeectl exec -it $pod_name --container $container_name /bin/sh(実際は1行)
$ kubectl exec -it $pod_name --container $container_name /bin/sh(実際は1行)

(以下,2017年6月27日更新)

特集3「実践Kubernetes」
第1章「Kubernetesとは何なのか」
P.80「Dockerに依存しないコンテナ実行環境」の6行目

コンテナの実況環境のレイヤを早くから抽象化しており、
コンテナの実行環境のレイヤを早くから抽象化しており、