gihyo.jp » 書籍案内 » 定期刊行物一覧 » WEB+DB PRESS » WEB+DB PRESS plusシリーズ » 開発ツール徹底攻略

書籍紹介

開発ツール徹底攻略

[表紙]開発ツール徹底攻略

2013年4月10日発売

WEB+DB PRESS編集部 編

B5判/232ページ/

定価1,974円(本体1,880円)

ISBN 978-4-7741-5616-3

  • 本書のサポートページ

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

この本の概要

WEB+DB PRESS plus徹底攻略シリーズでは,Webアプリケーション開発のためのプログラミング技術情報誌『WEB+DB PRESS』の掲載記事をテーマ別に厳選し,再編集してお届けします。

『開発ツール徹底攻略』では,開発者にとってもっとも身近な存在と言える開発環境について,Git/GitHubといったバージョン管理やCIツールであるJenkins,代表的なエディタであるVimとEmacsの上手な使いこなし方,そして開発者であれば誰もが避けて通れないUnix/Linuxを中心としたCUI環境の基本的な操作をまとめて解説します。

特集1
はじめてのGit
ブランチもマージも簡単な分散型バージョン管理システム


Gitは,LinuxカーネルやRuby on Railsのプロジェクトでも使われている,オープンソースの分散型バージョン管理システムです。高速動作,ブランチやマージの利用が簡単,オフラインでも使える,ほかのメンバーへの悪影響を恐れることなく思いきった変更を行える,といった特長があります。 本特集では,Gitのプロジェクトリーダーである著者自らが,Gitについて徹底解説していきます。

特集2
詳解GitHub
はじめよう!ソーシャルコーディング Pull Requestが織りなす効率的ソフトウェア開発


Gitの普及と並行して,GitHubを利用するプログラマが増えています。GitHubは単なるGitのリポジトリホスティングサービスではありません。「ソーシャルコーディング」という理念を持ち,それを実現するために数々の機能が実装されています。本特集では,GitHubに用意されている機能の使い方から,「ソーシャルコーディング」を象徴するPull Requestを使った開発フローまで丁寧に解説します。

特集3
実践Jenkins
開発作業の徹底的な自動化と省力化


Jenkinsは,世界で最も使われている継続的インテグレーションツールです。本特集ではJenkinsの生みの親である川口耕介氏自らが,導入方法や定番の使い方から,個人の作業,チーム内の作業,そしてチーム間の作業までを自動化する方法,さらに分散ビルドやSeleniumによるテストまで,徹底解説します。本特集を読んで,ミクロな問題解決からマクロな問題解決まで,Jenkinsを幅広く使い倒してください!

特集4
Vimの流儀
真価を引き出す使い方からカスタマイズまで


Vimは長い歴史を持ち,今でも多くのユーザに愛用されています。しかし,Vimの根底にある流儀を理解していないと,本当の意味で使いこなすことはできません。本特集ではVimの真価を引き出す使い方からカスタマイズまで,なぜそうなっているのか,どう考えれば良いのかなど,Vimの流儀を意識しながら解説していきます。

特集5
Emacs活用∞(無限大)
思考を直感的にコード化し,開発を加速する


Emacsは使いこなせれば非常に効率的にコーディングなどのテキスト処理を行うことができます。しかし,数々の機能,自由なカスタマイズを行えるEmacsの真価を引き出せている人はごくわずかです。本特集では,基礎を習得したうえでEmacs Lispなどを活用したカスタマイズを行うことにより,Emacsを最大限に活用する方法を紹介します。

特集6
Linuxの基礎知識
Web開発者なら理解しておきたいコマンドや操作


Web開発に携わっていれば,サーバサイドで動作しているLinuxを操作する機会が少なからずあるはずです。本特集では,LinuxコマンドをはじめとするLinuxの知識を基礎から解説します。現役エンジニアの方にも,今までよくわからずにいた部分がなぜそうする必要があるのかを実感を持って理解できるようになることでしょう。

こんな方におすすめ

  • すべてのプログラマ(特に新人さん)

トラックバック

コメント

コメントの記入