gihyo.jp » 書籍案内 » 定期刊行物一覧 » WEB+DB PRESS » WEB+DB PRESS plusシリーズ » Selenium実践入門―自動化による継続的なブラウザテスト

書籍紹介

Selenium実践入門―自動化による継続的なブラウザテスト

[表紙]Selenium実践入門―自動化による継続的なブラウザテスト

2016年2月2日発売

伊藤望,戸田広,沖田邦夫,宮田淳平,長谷川淳,清水直樹,Vishal Banthia 著

A5判/416ページ

定価(本体3,300円+税)

ISBN 978-4-7741-7894-3

  • 本書のサポートページ

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

この本の概要

ブラウザの多様化に伴い,Webアプリケーションをクロスブラウザ対応にするための負荷がますます増加し,その解決の一つとしてテスト自動化のノウハウが開発現場で必要とされています。また継続的インテグレーションを実践する際にも,テスト自動化がその一部として取り入れられています。本書では,Webアプリケーションのテスト,特にブラウザテストに関わる現状と問題点を整理し,これを解決する最適なプロダクトであるSeleniumを中心にWebブラウザテスト自動化への取り組み方,具体的な手順などについて解説します。

こんな方におすすめ

  • Webアプリケーション開発でテストを運用しているエンジニア
  • Webアプリケーションテストの自動化を検討しているエンジニア

著者プロフィール

伊藤望(いとうのぞみ)

株式会社TRIDENT代表として,顧客の開発・テスト環境の構築・改善に日々取り組む。Seleniumに関する情報共有や質問の場である「日本Seleniumユーザーコミュニティ」の運営や,SeleniumテストレポートツールSahaginの開発も行っている。
本書1~9章と付録を担当。

TRIDENTブログ:http://blog.trident-qa.com


戸田広(とだひろし)

IT業界と非IT業界の間をキャリアパス無視で右往左往して幾星霜,未だにGCのない場所では生きていけないぬるい人。2013年〜2014年にSeleniumの導入支援・実行環境の構築を手がけたのち,2015年からは主にWebスクレイピングでSeleniumを活用中。
本書10章・12章・13章を担当。

Twitter:@hiroshitoda
GitHub:hiroshitoda


沖田邦夫(おきたくにお)

精密機器メーカーでの新規事業開発でAPI・インフラ・システムアーキテクチャの設計・開発・テストを一通り経験後,株式会社ディー・エヌ・エーのテストエンジニアリングをリードしている。
本書11章を担当。

Twitter:@okitan
GitHub:okitan


宮田淳平(みやたじゅんぺい)

サイボウズ株式会社で生産性向上チームとテストエンジニアリングチームに所属。極度のめんどくさがりで,開発を楽にするために可能な限り自動化したい。多様で価値あるサービスを迅速に提供するため,部署やプロダクトを横断して,生産的でオープンな開発基盤を整備している。
本書14章を担当。

Twitter:@miyajan


長谷川淳(はせがわじゅん)

サイボウズ株式会社でグループウェアの開発に携わっているサーバエンジニア。kintoneの開発リーダーとしてクラウドサービスの開発や品質向上に力を入れている。ユーザに安定した品質のサービスを提供し続けるために,Seleniumテストを開発プロセスの中に組み込み運用している。
本書14章を担当。

Twitter:@jhasepyon


清水直樹(しみずなおき)

株式会社ディー・エヌ・エーのテストエンジニアとしてサービスの品質・生産性向上に携わった後,スタートアップ企業に出向。現在は出向先の株式会社ペロリでリードエンジニアとしてサーバサイドの設計・開発やインフラ構築などに従事。
本書15章を担当。

Twitter:@deme0607
GitHub:deme0607


Vishal Banthia(ビシャル・バンシア)

株式会社ディー・エヌ・エーでテスト効率や生産性向上につながるしくみづくりを行うテスト基盤チームに所属。現在OSSのopenstfのコアコミッタとしても活動。
本書15章を担当。

GitHub:vbanthia

コメント