gihyo.jp » 書籍案内 » 定期刊行物一覧 » WEB+DB PRESS » WEB+DB PRESS plusシリーズ » ビッグデータを支える技術 ――刻々とデータが脈打つ自動化の世界

書籍紹介

ビッグデータを支える技術 ――刻々とデータが脈打つ自動化の世界

[表紙]ビッグデータを支える技術 ――刻々とデータが脈打つ自動化の世界

2017年9月22日発売

西田圭介 著

A5判/304ページ

定価(本体2,960円+税)

ISBN 978-4-7741-9225-3

  • 本書のサポートページ

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

この本の概要

多彩な技術の集合体。ビッグデータの今。

スマホで買い物をして,翌日には届けてもらえる。

たとえば,このような身近な場面でも,背後では決済/在庫管理/配送をはじめとした複数のシステムが連携して動いています。

コンピュータの性能向上に伴い,機械学習をはじめとした,データを活かすシステム開発への期待は高まる一方です。今後,システム規模の大小を超えて「データ処理そのものをシステムの一部とする」 技術への需要は増えていくでしょう。

データ処理をどのようにシステム化するか。本書ではこのエンジニアリングの問題に主軸を置き,可視化を例に,一連のデータ処理に必要な要素技術を整理しデータを効率良く扱うための土台を作り,その上でシステムの自動化をサポートする種々の技術に追っていきます。

こんな方におすすめ

  • データ処理基盤/ビッグデータを扱うエンジニアの方々
  • 作業を自動化したいとお考えのデータサイエンティストの方々
  • 広くデータを扱う業務に携わる方々で,データ処理の効率化について知りたい方々
  • 「データ処理のシステム開発とはどのようなものか」に関心のある方々

著者プロフィール

西田圭介(にしだけいすけ)

1976年兵庫生まれ。トレジャーデータ㈱に所属。著書に「Googleを支える技術 ……巨大システムの内側の世界」(技術評論社、2008)がある。

コメント