インフォメーション

日本で2年目を迎えた*BSD国際会議「AsiaBSDCon 2008」3月27~30日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2008年27~30日までの4日間,東京理科大学森戸記念館で開催される国際会議「AsiaBSDCon 2008」のプログラムが発表されました。27,28日はチュートリアル,29,30日は論文発表/基調講演/バンケットです。

チュートリアルでは,Marshall Kirk McKusick氏の講演が予定されています。2007年のAsiaBSDCon 2007では1日に詰め込まれた講演となりましたが,2008は2日間にわたっての講演が予定されています。FreeBSDデベロッパやアドバンストユーザのみならず,Linuxデベロッパやアドバンストユーザも,ぜひ参加を検討してください。同氏の講演を日本で聴講できる貴重な機会です。

参加登録は3月に入ってから開始される予定です。参加費用は3月16日までのオンラインレジストレーションで1万2,000円,3月17日から当日受付が1万5,000円,学生は期間によらず3,500円です。チュートリアルは全日で講座あたり1万円追加(学生は3,000円),半日で講座あたり6,000円追加(学生は1,500円)となります。

参加登録費には名札,予稿集,記念Tシャツ,昼食/バンケット(後半2日間)のチケットが含まれています。なお,前半2日間のチュートリアルやミーティングのみに参加し,後半2日間に参加しない場合であっても,参加登録が必要になるので注意してください。

AsiaBSDCon 2008は,FreeBSD 7が登場してから初となるカンファレンスです。発表される内容はFreeBSD 7で取り込まれた新機能に関するものもあり,FreeBSD 7の活用をはかるうえでも有益なカンファレンスと言えます。奮ってご参加ください。

AsiaBSDCon 2007で講演を行うMarshall Kirk McKusick氏

AsiaBSDCon 2007で講演を行うMarshall Kirk McKusick氏

AsiaBSDCon 2008
URLhttp://2008.asiabsdcon.org/index.ja.html

著者プロフィール

後藤大地(ごとうだいち)

AsiaBSDCon 2008運営委員会 広報委員会委員

コメント

コメントの記入