インフォメーション

過去最大規模となる「高専カンファレンス2009秋 in 東京」11月7日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

高専カンファレンス実行委員会は,2009年11月7日(土)に都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパスにて「高専カンファレンス2009秋 in 東京」を開催する。

高専カンファレンスは,現役高専生・OBが中心となって運営する勉強会。2008年6月に第1回が開催され,これまでに5地域で7回が開催されている。現在,関西,長野,北海道,北東北,九州の5つの地域でのカンファレンス開催を計画中。

第8回目となる高専カンファレンス2009秋 in 東京 では,基調講演と特別講演として,次の2つのセッションを予定しているほか,公募による一般講演が行われる予定。

●超小型人工衛星 KKS-1 『輝汐』の開発について(仮題)
産業技術高専超小型衛星開発チーム

産業技術高専超小型衛星開発チームが2009年1月に打ち上げた超小型人工衛星「輝汐」の開発,打ち上げるまでの体験談や創意工夫について,当時のチームリーダーである粟田晃平氏が講演。

●研究者への道のり─新規人工塩基対の創製
理化学研究所 平尾一郎

A(アデニン),T(チミン),G(グアニン),C(シトシン)という4種類の塩基からなるDNAに,新たな文字とも言うべき新規塩基対を人工的に化学合成することに成功した化学者が,自身の研究者としての歩みについて講演。

開催概要は以下の通り

日時2009年11月7日(土) 12:20(受付開始)~ 17:00(終了予定)
会場都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパス
参加費無料
参加申し込み方法申し込みページにて登録
発表申し込み方法申し込みページから

なお,当日はUstream.tvによるネット中継も予定されている。

高専カンファレンス2009秋 in 東京
URLhttp://kosenconf.jp/009tokyo

コメント

コメントの記入