インフォメーション

【更新2】Twitter,クラッキングにより一時乗っ取られる─現在は復帰

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本時間2009年12月18日15:00すぎごろ,マイクロブログサービスTwitter「Iranian Cyber Army」を名乗るものにクラックされ,一時アクセスできなくなった。

公式ブログの情報では,twitter.comのDNSレコードが書き換えられていたとのこと。具体的には「Iranian Cyber Army」の犯行声明が掲載された,Twitterとは別のサイトへ接続させられていたことが確認されている。

公式な情報としては現時点では以上であるが,情報をまとめると今回のクラッキング行為はDNSに対するもので,Twitterシステムへのクラッキングではなく,パスワードなどの個人情報漏洩の可能性は極めて低い模様。

なお,Twitterクライアントによっては,パスワード変更をした場合,最初のアクセス時に対応が必要となるので,注意してほしい。

例:movatwitter

twitterのパスワードを変更した場合のモバツイ処理について。

クラッキングに関する情報を報じているサイト(米TechCrunch.com)

クラッキングに関する情報を報じているサイト(米TechCrunch.com)

http://www.techcrunch.com/2009/12/17/twitter-reportedly-hacked-by-iranian-cyber-army/

コメント

コメントの記入