インフォメーション

モバイル機器向けLinux「MeeGo」セミナー,4月21日に開催─Intel,Nokiaがそのエッセンスを語る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Linux Foundationは,モバイル機器に最適化されたLinuxベースのOS「MeeGo(ミーゴ)⁠の普及を目的とするセミナー「MeeGo Seminar Spring 2010」を,4月21日(水)に開催する。

「MeeGo」は,ともにモバイル用Liunxとして開発が進んでいたIntelの「Moblin(モブリン)⁠とNokiaの「Maemo(マエモ)⁠が統合されたプロジェクト,およびOSのことで,新たにLinux Foundationが「MeeGoプロジェクト」として運営し,オープンソースプラットフォームとして開発,利用を推進している。

今回の「MeeGo Seminar Spring 2010」はその活動の一環で,Intel,Nokiaから講師を迎え,日本のデバイスメーカやアプリケーション開発会社,開発コミュニティに「MeeGoとは何か」⁠⁠MeeGoでどのようなビジネスの可能性があるか」といったテーマに沿ってプログラムが用意される。

また,セミナー参加者全員にMeeGo OSが入ったUSBメモリがプレゼントされる。

MeeGo Seminar Spring 2010の開催概要は以下の通り。

日程2010年4月21日(水)
会場東京コンファレンスセンター品川
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
定員100名(定員に達し次第締切)
参加費無料(事前登録制)
申し込みLinux Foundationの登録ページから
予定プログラム「MeeGo: An Open OS for a Converged World」Jim Zemlin(Linux Foundation executive director)
⁠MeeGo Core Technology, Platform Roadmap(仮)⁠Intel Corporation
⁠App Up Center概要」インテル株式会社
⁠Qt の技術概要」ノキア・ジャパン株式会社
⁠MeeGo アプリケーション開発」株式会社エイチアイ
MeeGo Seminar Spring 2010
URL:http://events.linuxfoundation.jp/events/meego-seminar-spring-2010
MeeGo Project
URL:http://www.linuxfoundation.org/meego
The Linux Foundation
URL:http://www.linux-foundation.jp/

コメント

コメントの記入