インフォメーション

今年のWeb人大賞は誰の手に? 第8回Webクリエーション・アウォード推薦募集中

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(社)日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は,⁠第8回Webクリエーション・アウォード」の推薦募集を4 月19日から行っている。

同アウォードは,すぐれたWeb広告やサービスを世に送り出してきた「人」の想いにスポットを当てるために設立され,今年で8年目を迎える。いま最も輝いている「Web 人」を推薦してもらい,審査の上表彰するもの。

これまで,⁠ネットで FIRE」の小川雅章氏(第1回)⁠⁠nike.jp」の企画・運営をされた高橋理氏(第2回)⁠⁠はてな」の近藤淳也氏(第3回)⁠⁠NAVITIME」の大西啓介氏(第4回)⁠⁠モバゲータウン」の畑村匡章氏(第5回)⁠⁠トヨタ自動車」の佐々木英彦氏,⁠Agile Media Network」の坂和敏氏(ともに第6回)⁠⁠サントリー公式ブログ サントリートピックス」石原洋子氏,小林恵氏(第7回)「Web人大賞」を贈っている。

推薦は誰でも可能。推薦された人には承認をもらった上で登録する。Web上の推薦フォームに推薦理由・推薦する人の制作物やソース等の必要事項を記入することで推薦となる。

推薦期間は4月19日~6月8日。

推薦のめやすとして,下記の条件を1つでも満たすサイトおよびプロジェクトに関わった人すべてが対象とのこと。

  1. Web 社会で目立った人(話題性)
  2. Web 社会で社会に役立った人(社会貢献性)
  3. Web 社会で新しい事をした人(新規性・先進性)
  4. Web 社会で楽しい事をした人(有用性・継続性)
  5. Web 社会で便利な物を開発した人(利便性)

審査の流れは以下の通り。

一次審査期間:6月22日~7月9日
一般投票で15名,審査委員会で5名を選出。結果は公式Webサイトで発表。
二次審査期間:7月27日~8月15日
一次審査通過者を対象にWeb 広告研究会の会員投票で「Web人大賞」の決定,審査委員会による審査でその他の賞決定。二次審査贈賞式(9月29日)で結果を発表。
第8回Webクリエーション・アウォード
URL:http://award.wab.ne.jp/

コメント

コメントの記入