インフォメーション

みんなで震災からの復興を考えるプロジェクト「リアルWebSig塾」,7/23にスタート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2011年3月11日,東日本を未曽有の大地震が襲い,地震,その後の津波,さらに2次震災となっている原発問題と,さまざまな被害が今もなお続いており,復興にはまだまだ長い道のりが続いている。

こうした中,企業・団体・個人,さまざまな立場の人たちが少しでも早い復興を願うべく,多種多様な取り組みを進めている。

今回,Web業界の任意団体WebSig24/7と,⁠ロッキンオン』の創刊をはじめ,さまざまなメディアを開発する橘川幸夫氏との共同プロジェクト「リアルWebSig塾」の本編が,7月23日からスタートする。

リアルWebSig塾
http://websig247.jp/realwebsigjuku/000223.html

リアルWebSig塾とは?

リアルWebSig塾とは,座学+グループワークで構成したリアルイベントと,参加者同士のオンラインコラボレーションによって設計されたイベント。

震災からの復興支援を目的とし,参加者全員が,⁠今,被災地の人たちに向けて何ができるか?何を提案できるか?」を考え,⁠現実可能な⁠企画を立案していくというもの。

  • 単なる知識やスキルを学ぶ講座ではなく,現実に即した対応力・表現力・コンセプト力の習得を目指すワークショップ
  • 橘川さん座学としてプランニング論,思考論などを学びながら,グループワークで震災復興プロジェクトの企画書を制作する
  • 制作した企画書はインターネット上で公開し,反応のあった企業やNPO他の団体については,プレゼンテーションを行う

というポリシーのもと,全3回のグループワークが用意されている。

第1回目7月23日(土)
第2回目8月7日(日)
第3回目8月20日(土)

その他,リアルイベントの間は,参加者同士がサイボウズLiveを利用して,コラボレーションを図る。

また,本編開催前に,6月25日(土)にプレイベントとも開催された。その模様は以下ブログを参照のこと。

リアルWebSig塾プレイベントが盛況のうち終了しました
http://websig247.jp/realwebsigjuku/000222.html

リアルとネットを通じたグループワーク,企画立案から取り組む復興支援

繰り返しになるが,東日本大震災の爪あとはまだ大きく残っている。その中で,被災地外から,何ができるのか,これから何をしていくのか,ぜひみんなで一緒に考えてもらいたい。

申し込みはこちらから。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入