インフォメーション

TechLION vol.6,4月12日にリニューアル開催!――メインスピーカーに“Matz”こと,まつもとゆきひろ氏,他豪華メンバーが登壇!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所(以下USP研究所)主催のコミュニティイベント「TechLION」が4月にリニューアル。リニューアル1回目となる「TechLION vol.6」が,4月12日,東京・西麻布にあるSuperDeluxeにて開催される。

TechLIONとは

TechLIONは,IT文化の振興と,IT文化の楽しさを広く伝えエンジニア同士の連帯を図ることを目的とするトークイベント。2011年3月に第1回が開催され,今回で6回目を迎える。日々多くの技術が生まれ消えていく中,これらの技術を密林の動物たちになぞらえ,百獣の王となる技術を,お酒を酌み交わしながら発掘・探求することを目的としている。

メインMCはこれまでどおり,法林浩之氏が努め,今回から技術評論社馮富久もサポートMCとして加わることになった。

vol.6のメインスピーカーは“Matz”こと,まつもとゆきひろ氏

第一部「獅子王たちの夕べ」のトークゲストは,Rubyのパパ,⁠Matz⁠こと,まつもとゆきひろ氏が登壇。

Ruby開発を通じた経験談を元に,まつもと氏自身が考える「プログラミング言語」⁠エンジニアリング」⁠そして「10年先も勝負できるプログラマー像」について語られる。

OS,インフラ,アプリ,すべてのレイヤから豪華スピーカーが集結

第二部「ITサファリパーク」には,OS,インフラ,アプリ,それぞれのレイヤから豪華エンジニアが登場する。

OSレイヤでは,FreeBSDコミッターでもあり,gihyo.jpの連載FreeBSD Daily Topicsでもお馴染みの後藤大地氏。⁠世界にはばたけ!世界の*BSDカンファレンス,四方山⁠裏⁠話」と題し,自身が経験している世界の*BSD事情や海外BSDCon参加のときに起きた事件を今明かす。

インフラレイヤには,国産クラウドとして注目を集めるCloudCoreの開発の舞台裏について,KDDIウェブコミュニケーションズホスティング事業担当副本部長の角俊和氏が語る。

最後にアプリレイヤからは,ユーザーローカルでユーザーインサイトTwitTraqなどの開発に携わりながら,個人としてZaimReTweeter!などの個人サービスを開発する閑歳孝子氏が,⁠非エンジニアの私が,いかにしてサービスを作るようになったのか」というタイトルで自身の経験談,これからのエンジニア像について述べる。


イベントTechLION vol.6
日時2012年4月12日(木)19:00開場,19:30開演,22:30終了予定
会場SuperDeluxe
東京都港区西麻布3-1-25 B1F Tel 03-5412-0515
地下鉄日比谷線/都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩5分
主催USP研究所
協賛技術評論社
後援日本UNIXユーザ会
料金前売2,700円,当日3,200円(1ドリンク付き)
申込方法前売り券予約:http://www.zusaar.com/event/216005
会場払い券予約:http://www.zusaar.com/event/216006
お問合せTechLION事務局staff@techlion.jp

コメント

コメントの記入