インフォメーション

今年の「大統一Debian勉強会」は,6月29日に東京・お茶の水で開催(参加費:無償)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

6月29日に東京お茶の水の, 日本大学駿河台キャンパス駿河台校舎1号館で大統一Debian勉強会2013が開催される。

大統一Debian勉強会は日本各地(東京エリア/関西エリア/福岡)で開催されているDebian勉強会の合同イベントで,今回で2回目となる。昨年, 京都大学で開催された際には100名程度の開発者とユーザーが集まり, 様々なセッションを共有し,交流を行った。

会場では2トラックのセッション発表と, 開発作業場所としての「ハックラボ」, 今年より追加されたスポンサーブース, そしてセッション外での発表を行うための「アンカンファレンス」会場がある。

参加費用は無償(懇親会は別途有料)であるが, セッションについての配布資料の印刷準備等の関係上, 事前にサイトから参加登録を行っていただきたい。

イベント名大統一Debian勉強会2013
ハッシュタグ#gumdebianjp
日程2013年6月29日(土)
場所日本大学駿河台キャンパス駿河台校舎1号館
タイムテーブルイベントサイトを参照してください。
参加費無料。事前登録を推奨。
大統一Debian勉強会2013
URL:http://gum.debian.or.jp/2013/

著者プロフィール

やまねひでき

Debian Developer/ Debian JP Project leader (2013) 英語が苦手で英文を読みたくないために和訳作業から入り,Debian勉強会での薫陶を受けてパッケージ作成の泥沼に足を踏み入れる。現在は主に「Debian的な意味でのフリーな日本語対応フォント」を配布充実するためにDebian Fonts Task Forceに参加して活動中。また,Debian広報活動の一貫としてSoftware Design誌で「Debian Hot Topics」執筆などを手がけている。苦手なものはプログラミング。

コメント

コメントの記入