インフォメーション

世界のTeXユーザが日本へ集結――日本初開催となるTUG 2013,10月23~26日に東京で開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2013年10月23~26日の4日間,東京大学駒場キャンパスにて,日本初開催となるTeXユーザのための国際会議「TUG 2013」が開催される。

TUG 2013
http://tug.org/tug2013/jp/

現在,日本にはTeXに関するユーザグループがないなか,2009年から年に1回,⁠TeXユーザの集い」という国内会議が開催されてきており,TeXユーザ・開発者のオフライン(フェイス・トゥ・フェイス)での交流が深められてきた。その流れを受け,今回開催として東京が立候補し,招致に成功してTUG 2013の開催に至った。

日本語表記,書体,組版,索引に関して解説するセッション・チュートリアルも用意

TUGは基本的に英語によるプレゼンテーションが行われるが,今回は日本開催を受け,日本語表記,書体,組版,索引といった日本独自の言語体系に特化した内容のセッション・チュートリアルも用意される。おもなセッションは以下のとおり。

セッションタイトル発表者
日本語表記の構造概説矢田勉氏(大阪大学大学院文学研究科)
索引をつくることによるメリット鹿野桂一郎氏
日本語の書体設計 --- 欧文書体との類似点と相違点高田裕美氏(タイプバンク)
日本語組版処理上の基本問題家辺勝文氏

実行委員には,TeX Live の取りまとめなど活発なKarl Berry氏,TeX入門書『LaTeX2ε 美文書作成入門』シリーズ著者の奥村晴彦教授など多彩な顔ぶれが名を連ねる。

『LaTeX2ε 美文書作成入門』著者 奥村晴彦教授サイン会開催
10月26日10:50~11:10,12:20~12:40の時間帯にて,⁠LaTeX2ε 美文書作成入門』著者奥村晴彦教授のサイン会を開催します。ふるってご参加ください(なお,サイン会をご希望の方はTUGへの参加が必要となります)⁠
会議名TUG 2013(第34回TeX Users Group年次大会)
開催期日2013年10月23日~26日
開催場所東京大学大学院数理科学研究科
東京都目黒区駒場3-8-1,駒場Iキャンパス
申し込み〆切2013年9月22日
申し込みURLhttps://www.tug.org/tug2013/jp/register.html

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入