インフォメーション

Linux Foundation,「Automotive Linux Summit 2014」スケジュールとプログラム発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

The Linux Foundationは2014年6月9日(月)⁠2014年7月1日(火)⁠同2日(水)の2日間,椿山荘会議センター(東京都)にて開催する,自動車がテーマの技術イベント「Automotive Linux Summit 2014」のスケジュールとプログラムを発表した。

同イベントでは,Linuxや共同開発手法を利用することで,自動車メーカー,サプライヤー,および開発者がどのように安全性や運転体験を高められるかを紹介する。

今年のイベントの基調講演者は以下。

  • Matt Jones氏(Jaguar Land Rover:シニア テクニカルスペシャリスト)
  • 水山正重氏(パナソニック:オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社インフォテインメント事業部技術担当CTO)
  • 村松寿郎氏(日産自動車:ビークルインフォメーションテクノロジー事業本部主管)
  • 野辺継男氏(インテル:チーフ・アドバンストサービス・アーキテクト兼ダイレクタ)
  • 佐川千世己氏(富士通:執行役員)
  • Mark Skarpness氏(Intel:システムエンジニアリング担当ディレクター)

OPEN Automotiveパネルディスカッションは以下。

  • 進行役:Roger Lanctot氏(Strategy Analytics:シニアアナリスト)
  • 参加者:GENIVI,AGL,The Linux Foundationの基調講演者陣

セッションのタイトルと講演者を以下に一部紹介する。

  • Xen - Automotive Hypervisor (自動車とハイパーバイザー):Alex Agizim氏(GlobalLogic)
  • Remote User Interfaces in IVI Systems(IVIシステムのリモートユーザーインタフェース)⁠Ossama Othman氏(Intel)
  • W3C Vehicle Specification(W3C自動車仕様)⁠Kevron Rees氏(Intel)
  • Building Performance HTML5 Apps on Top of WRT APIs(WRT APIを利用したHTML5アプリの性能開発)⁠Aki Saarinen氏(Reaktor Japan KK)
  • LTSI Kernel, How We Can Help Automotive Industries(LTSIカーネル:我々は自動車業界をどう支援できるか)⁠柴田次一氏(日本電気)⁠宗像尚郎氏(ルネサス)
  • Linux and the Automotive Security Lab(LinuxとAutomotive Security Lab)⁠Nathan Willis氏(LWN.net)

Automotive Linux Summit 2014の詳細プログラムについては,下記Webページを参照のこと。

Automotive Linux Summit 2014開催概要

開催日2014年7月1日(火)⁠同2日(水)⁠2日間)
会場椿山荘会議センター(東京都)
イベントサイトhttp://events.linuxfoundation.jp/events/automotive-linux-summit-spring
参加費通常登録料金350米ドル(6月13日(金)まで)
直前登録料金400米ドル(6月14日(土)以降)
学生登録料金100米ドル
(上記イベントサイトにて参加登録が必要)
The Linux Foundation
URL(英語)⁠http://www.linuxfoundation.org/
URL(日本語)⁠http://www.linuxfoundation.jp/

コメント

コメントの記入