インフォメーション

「Hadoop Conference Japan 2014」,7月8日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

日本Hadoopユーザー会は,7月8日(火)に東京・汐留で『Hadoop Conference Japan 2014』を開催する。

第5回目の開催となる今回は,Hadoop生みの親Doug Cutting氏をはじめ,MapReduceの数十倍高速といわれ注目の並行処理基盤Apache Sparkの主要開発者Patrick Wendell氏らが来日,最新テーマに関する講演するなど,ここでしか聞けない技術トピックや活用事例が数多く取り上げられる予定。

開催概要は以下の通り。

Hadoop Conference Japan 2014

日程2014年7月8日(火)10:00~19:45(受付開始:9:45)
会場ベルサール汐留
主催日本Hadoopユーザー会
参加費無料(懇親会は2,000円)
参加登録Eventbriteの申し込みページから

基調講演は以下の方々が登壇予定(敬称略)

  • 濱野 賢一朗(日本Hadoopユーザー会, NTTデータ)
  • Doug Cutting(Hadoop生みの親, Apache Software Foundation, Cloudera)
  • Patrick Wendell(Apache Spark主要開発者, Databricks)
  • 太田 一樹(Treasure Data CTO)

予定されている講演は以下の通り。

  • Taming YARN: how can we tune it?(NTT)
  • Evolution of Impala - Hadoop上の高速SQLエンジン,最新情報(Cloudera)
  • 並列SQLエンジンPresto - 大規模データセットを高速にグラフ化する方法(Treasure Data)
  • Apache Drill: Building Highly Flexible, High Performance Query Engines(MapR)
  • SQLによるバッチ処理とストリーム処理 (LINE)
  • Hadoop用の標準GUI,Hueの最新情報(Cloudera)
  • マルチテナント化に向けたHadoopの最新セキュリティ事情 (Cloudera)
  • Hivemall: Apache Hiveを用いたスケーラブルな機械学習基盤(産業技術総合研究所)
  • 実践機械学習 ?MahoutとSolrを活用したレコメンデーションにおけるイノベーション(MapR)
  • Google BigQueryの大規模JOIN・UDF・Hadoop対応で何が変わるか(Google)
  • HadoopとRDBMSをシームレスに連携させるSmart SQL Processing(日本オラクル)
  • リクルート式Hadoopの使い方 3rd Edition(リクルートテクノロジーズ)
  • Mahoutによるアルツハイマー診断支援へ向けた取り組み(新日鉄住金ソリューションズ)
  • Twitterデータ提供サービスにおけるHadoopの活用事例(NTTデータ)
  • Treasure Data on The YARN(Treasure Data)
  • HBaseを用いたグラフDB「Hornet」の設計と運用(サーバエージェント)
  • Spark on large Hadoop cluster and evaluation from the view point of enterprise Hadoop user and developer(NTTデータ)

コメント

コメントの記入