インフォメーション

「Cassandra Summit Tokyo」10月5日に開催,Cassandra最新情報他,データ解析プラットフォームやユースケースなど情報満載

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

NoSQLデータとして注目を集めるCassandraにフィーチャーしたイベント「Cassandra Summit Tokyo」が10月5日(水)に東京のベルサール東京日本橋にて開催される。

同カンファレンスでは,Apacheトップレベルプロジェクトとして開発されている分散DB「Apache Cassandra」を使用したシステム導入・構築の実例紹介に加え,次期バージョンの話やデータ解析プラットフォームとしてのCassandraの使用方法やAWS、MS Azure等クラウド環境での使用方法等も紹介される。

また,このイベントのため,Cassandraの開発コミュニティー議長であるThe Last Pickle社のCTO Nate McCall氏が来日,基調講演が行われる。

申し込みは日本Cassandraコミュニティーのページから。

開催概要は以下のとおり。

日程2017年10月5日(木)
時間10:00~18:00(受付開始9:30)
会場ベルサール東京日本橋
費用無料
定員500人
対象法人,または個人で業務としてCassandraの導入・提案をご検討されている方々
主催日本Cassandraコミュニティ

プログラムは以下の通り。

時間 Track1 (Room B) Track2 (Room C) Track3 (Room D) Track4 (Room E)
10:00〜11:00Keynote
Nate McCall ⁠The Last Pickle)
11:00〜12:00日本Cassandra コミュニティー
⁠INTHEFOERST, Datastax, Yahoo! JAPAN, Instaclustr, Microsoft)
12:00〜13:00Lunch Session
⁠Microsoft Azure で実現する Cassandra とその活用事例」Powered by Micorosoft
13:00〜13:15パーティション変更
13:15〜13:45「Apache Cassandra ベストプラクティスとトラブル対応」Ben Slater(Instaclustr)「NewSQLと分散ストレージとしてのCassandraの試験的な取り組み」今野賢(ヤフー)「KafkaとCassandra(DSE)とSQLiteで毎時2,700万レコードをR/Wするには?」岸本康二(ウルシステムズ)「Cassandra データインジェスション」伊藤真央(テラデータ)
13:45〜14:15「OrbにおけるCassandraへの取り組み」伊藤悠二(Orb)Cassandraに不向きなCassandraデータモデリング基礎」堤勇人(Works Applications)「Cassandraとは」村岡志保(INTHEFOREST)
14:30〜15:00「Cassandra Deep Drive」Aaron Morton(The Last Pickle)「Cassandraをサービスに導入した経験について」小林正拡, 友廣淳平(ソフトバンク)「Real time analysis using Cassandra and Spark」Sahar Benarfa(INTHEFOREST)「Yahoo! JAPANのOSSコミュニティ貢献の今までとこれから」星井祥吾(ヤフー)
15:00〜15:30「運用中システムにおける6億レコードのデータ移行に関する課題と解決」祖田心平(NTTコムウェア)
15:45〜16:15「Achievement Unblocked: Switching Apache Cassandra to Netty and non-blocking I/O - A followup」Jason Brown(Apple Computer)AWS上における「Cassandraクラスタの設定と運用」成田俊(AWS)「RDB脳でCassandra/MSAを始めた僕達が、分散Drivenなトランザクション管理にたどり着くまで」二見広太(Works Applications)「サンプルで学ぶCassandraアプリケーションの作り方」森下雄貴(DataStax Japan)
16:15〜16:45
17:00〜17:30懇親会準備「Apache SparkとApache Cassandraで行うテキスト解析」冨田和孝(INTHEFOREST)
17:30〜18:00
18:00〜20:30懇親会 Powered by Yahoo! Japan
Cassandra Summit Tokyo
URL:http://cassandra-jp.com/cst2017/ja/

コメント

コメントの記入