NEWS & REPORT

Oracleが目指すこれからの開発環境――Oracle,Database Tools Software Development VP,Michael HICHWA氏に訊く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2010年11月9,10日の2日間,東京にて「Oracle DBA & Developer Days 2010」が開催された。その際,Oracle,Database Tools Software Development VP,Michael HICHWA氏が来日し,Oracleが考えるこれからの開発環境,そして,開発者に向けたメッセージを伺うことができた。

Oracle,Database Tools Software Development VP,Michael HICHWA氏

Oracle,Database Tools Software Development VP,Michael HICHWA氏

3つのIDE

Q:まずはじめに,Oracleが取り組んでいる開発者向けの展開について教えてください。

OracleはSunの買収後,3つのJava向けIDEをサポートすることになりました。1つはEclipse,2つ目はNetBeans,3つ目はOracle JDeveloper 11gR1です。このうち,EclipseはEnterprise pack for eclipseを提供する形で,あとの2つは実際の開発にコミットまたはサポートを行っています。

Enterprise pack for eclipse

1つ目はEnterprise pack for eclipseです。Eclipseコア+動作検証済みのプラグインという形で提供されます。Javaのコーディングにフォーカスしており,EJB/JPA,SpringなどのAPIやフレームワーク,各種Webサービス,WebLogicに対応させています。

NetBeans

2つ目はNetBeansです。これはSun買収以前からコミュニティ主導で開発されており,現在もコミュニティにフォーカスした開発ツールとして位置付けています。機能面では,JavaFX向けの最適な開発ツールとして位置付けており,その他,Java EE 6の開発などにも適したツールと言えるでしょう。

Oracle JDeveloper 11gR1

最後はOracle JDeveloper 11gR1です。これは名前のとおり,Oracleが開発し提供するJava開発ツールです。とくに,OracleのFusion Middleware開発者のためのIDEとして位置付けており,Oracle ADF(Application Development Framework)の開発プラットフォームとしてとても重要な製品です。Drag&Dropによる操作,宣言的構造,WYSIWYGといった特徴を持っています。

また,最近のWebアプリケーションの主流にもなっているJavaScriptのコードを,コーディングせずに開発できるのも特徴です。

APEXの魅力

Q:Javaに特定せず,アプリケーション開発という視点ではどのような展開をしていますか?

アプリケーション開発の中心的な技術となるのが,APEX(Oracle Application Express)です。これは,データベースセントリックなWebアプリケーション開発ツールであり,Oracle Databaseの無償オプションとして提供しています。現在,Oracle Database 10gR2,11gR1,11gR2/XEと同時に提供しています。

APEX:Oracle Application Express
http://www.oracle.com/technology/global/jp/products/database/application_express/

以下,いくつかの特徴を紹介しましょう。

APEXの実行画面

APEXの実行画面

SQLサポート,ノーコーディング

まず,SQLをサポートしています。これにより,従来のデータベースエンジニアが,既存のSQLスキルを活かしながら開発を行うことができます。さらに,開発ツール上では,コーディングをせず,ビジュアル的な開発が行えるのも大きな特徴です。

OracleのECサイトでもあるOracle Storeは,このAPEXを利用して開発しました。5人の開発者で約6ヵ月で開発を終えています。

その他,多言語対応をしているため,グローバルな展開を目指す企業にとって,コストパフォーマンスの高いアプリケーション開発環境と言えるでしょう。

企業内での活用

APEXは,外部向けのサービスだけではなく,企業内での活用にも向いています。たとえば,特定のパートナー向けのシステムを構築する際,既存のDBとの連携が図りやすくなっています。その理由の1つが,あらかじめDatabaseをサポートしているからです。つまり,既存のデータ資産をそのまま統合して開発できるメリットがあります。

また,開発者の立場からすると,たとえばJava開発者であればJava言語を,データベースエンジニアであればSQLを,というようにそれぞれの領域がある中で,APEXはその2つの間をつなぐ役割も果たすのです。

詳細についてはOracle Application Expressも参照してみてください。

HICHWA氏はデモンストレーションとともにAPEXについて紹介してくれた

HICHWA氏はデモンストレーションとともにAPEXについて紹介してくれた

Javaエンジニアに向けて

Q:最後に,日本のJavaエンジニアに向けてメッセージをお願いします。

Oracleは,Javaというプログラミング言語にコミットしている企業です。今後,新しいアプリケーションを開発するときにはJavaを使っていくことにコミットしていく予定です。オープンかつスタンダードであるJavaをサポートすることが,お客様のニーズを満たすと考えています。

ぜひ日本のJavaエンジニアの方には,Javaを利用したたくさんのアプリケーションを,Oracleのツールを使って開発してもらいたいです。

コメント

コメントの記入