インタビュー

満を持して登場したmixiモール――ソーシャルグラフ×インタレストグラフで広がる「共感消費」という体験

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

株式会社ミクシィと株式会社ディー・エヌ・エーは2012年3月21日,ソーシャルコマースサービス「mixiモール」をリリースしました。今回,ミクシィにてプロジェクトに関わったコマース部コマースグループの白石耕介氏,志村主税氏,杉田絵美氏,岡部馨氏の4名に,mixiモールリリースの背景,狙い,展望について伺ったのでその模様をお届けします。

今回お話いただいた4名

今回お話いただいた4名

現状のソーシャルサービス×コマースの問題点

まずはじめに,ソーシャルサービスとコマースの掛け合わせ,ソーシャルコマースに関して現状を伺いました。

白石:
現状のソーシャルコマースには3つの問題点があります。

1つ目は,ユーザの皆さんにとってソーシャルサービスはコミュニケーションの場であって「モノを買う」場ではない。すなわち,購買へつなげる心理的ハードルが高い点です。

2つ目は,すでに確立されたEコマース(ビッターズや楽天など)があることです。何かしらのインセンティブがない限り,わざわざソーシャルサービス上で購買する動機付けが難しいと言えます。

最後は,既存のソーシャルサービス上にコマースに特化された場がないため,出店者(マーチャント)のページに集客する仕組みが弱いという点です。

こうした点がソーシャルコマースを立ち上げるにあたって最も難しく,そして解決しなければいけない課題でした。

mixi×DeNAという組み合わせ

白石:
これらの課題解決にあたり,私たちが目指したのが,コマースの要素をすべてソーシャルネット上のコミュニケーションと完全に融合させるというものです。

ソーシャル時代では,

  • Sympathize(共感する)
  • Identify(確認する)
  • Participate(参加する)
  • Share&Spread(共有・拡散する)

というSIPSと表現できる生活者行動モデルがありますが,このモデルに対して,ソーシャルネット上のコミュニケーションを当てはめるとソーシャルコマースには次の4つのマーケットがあると考えられます。

ソーシャルコマースの4つのマーケット

ソーシャルコマースの4つのマーケット

今回のmixiモールでは,①に当たる部分,共感消費×個人消費のマーケットをターゲットに展開することにしました。この「共感消費」こそ,mixiモールが目指すところです。

岡部:
そして,DeNAさんと組んだ理由としては,⁠ソーシャルサービスへの知見が深い」⁠両社ともモバイルに強い」⁠そして,何より「開発にあたってのスピード感があること」が挙げられます。

こうした背景で今回DeNAさんとmixi上にモールをオープンすることができたわけですが,今後はmixiが目指す「共感消費」という購買行動をたくさんのmixiユーザに体験してもらいたいと思っています。

リリース後の反響

mixiモール

mixiモール

リリース後の反響はどうだったのでしょうか?(今回の取材は2012年3月29日に実施しています)

白石:
想定以上に「もってる!」⁠きになる!」ボタンを押してもらえています。mixiモールにおいてはこのボタンが押されるかどうかが最も重要な要素なのですが,非常にいいスタートが切れたと思っています。

志村:
現時点で本当に多くの方にボタンを押してもらえているのは嬉しいですね。⁠共感消費」の1つのポイントは,気軽なアクションにあると思っていまして,この2つのボタンはその気軽さを誘発できているのではないかと思います。

意識した言葉の表現と

岡部:
各アクションボタン・友人に流れるフィード文言には気を配りました。とくに「きになる!」というネーミングには悩みましたね。当初は「ほしい!」という名前も考えていました。ただ,mixiにおいては友人へフィードが流れることを意識したうえでボタンが押されることが多く「ほしい!」だと(ユーザ自身の気持ちが)強すぎる(重すぎる)と捉えられて,結果,押すことに抵抗を覚えてしまうのではと考えたのです。

mixiモールでは,ボタンを押すことで自分から友人に対して商品の情報を発信することになるので,そこに対して友人が気軽に反応できるもの,そういった観点で考えた結果,⁠きになる!」という表現になりました。

mixiモールの可能性

リリースにあたっていくつかの企画がスタートしました。中でも,株式会社ローソンHMVエンタテイメントとのオープニング特別企画「青春タイムライン」は,大きな反響があったそうです。この企画とともに,mixiモールの可能性について伺ってみました。

白石:
オープニング特別企画には,

  • サンリオヒロイン特集
  • 青春タイムライン
  • mixi福袋

を用意しました。サンリオヒロイン特集では,サンリオオンラインショップmixi店という位置付けで,サンリオ関連のグッズの販売をしました。また,mixi福袋では3,941(ミクシィの当て字)円の福袋を用意するものでした。この中で,最も大きな反響があったのが株式会社ローソンHMVエンタテイメントとのオープニング特別企画「青春タイムライン」です。

青春タイムライン

青春タイムライン

岡部:
音楽って誰にでも好きな楽曲,思い出の楽曲があって,時系列と合わせることで自分史を振り返ることができます。誰しもが慣れ親しんできた往年のヒットチャートをフックに,それぞれの友人間で共通の思い出を振り返って盛り上がる,という共感がmixiの多くのソーシャルグラフ内で熱量を持つことで相乗効果を生み,自分たちが予想した以上にサービスを利用してもらい,⁠もってる!」⁠きになる!」を押してもらえましたね。

ただ,今回は楽曲が決められたものしか表示されなかったので,ゆくゆくはユーザ自身で選曲できるような仕組みの企画にも取り組んでみたいと思っています。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2012

  • 満を持して登場したmixiモール――ソーシャルグラフ×インタレストグラフで広がる「共感消費」という体験

コメント

コメントの記入