インタビュー

誰もが手軽にゆるく使ってつながれる――絵と絵でつながるソーシャルネット「OEKAKIGRAM」登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2012年12月,ペパボこと株式会社paperboy&co.から1つのソーシャルネットが誕生しました。お絵かきを軸につながる「OEKAKIGRAM」です。今回,開発チームの福田大介氏,野口修氏,飯塚のり子氏の3名に取材をしたのでその模様をお届けします(取材日:2013年1月7日)⁠

写真1 右から福田さん,飯塚さん,野口さん

写真1 左から福田さん,飯塚さん,野口さん

OEKAKIGRAM
http://www.oekakigram.com/

お絵かきを選んだ理由

――まずはじめに,OEKAKIGRAM誕生の背景と経緯についてうかがいました。

馮:いつ頃から開発を始めたのですか?

野口:元々は2012年夏のはじめにプロトタイプの開発を始めました。ただ,その後,社内の状況で一度プロジェクトが保留になったのです。それから秋になって改めて見なおして「もう1回あのアプリを作ってみよう」ということで,開発が再スタートしました。

福田:私は統括の立場で関わっているのですが,開発再スタートには,ここにいる野口(エンジニア)ともう1名のデザイナーの2名でブラッシュアップをしています。

野口:リリースが12月13日だったので,その間約2~3ヵ月かかりましたね。

馮:なぜ「お絵かき」を題材に選んだのでしょうか?

野口:いま,Instagramをはじめ,ソーシャル⁠写真⁠サービスはたくさんあるのですが,同じビジュアルでもお絵かきを題材にしたソーシャルネットはほとんどありませんでした。市場にないというのが最初のキッカケです。そして,まず開発してリリースしてみてユーザの反応を見てみたかったというのが大きな理由です。

また,今,子どもたちもスマートデバイスに触れる環境になってきています。そこで,子どもたちが安心してすぐに使えるような,そういうアプリを目指しました。

デザインに関しては,なるべく文字を使わず,直感的に操作できるUIを心がけています。ちなみに,⁠本日同席できませんでしたが)担当デザイナーはプロトタイプを含めすべてマウスではなくAppleのMagic Trackpadのみでデザインのプロトタイプをつくりました。

バックエンドにはSqaleを採用

――アプリの裏側はどのような工夫がなされているのか,次は開発面にフォーカスしました。

馮:プロトタイプデザインがMagic Trackpadのみでつくられたというのはとても特徴的ですね。インターフェース以外,アプリの裏側,サービスのバックエンドについても教えていただけますか。

野口:アプリ側はObjective-Cで開発しています。現時点では,iPhone(iOS)のみに対応しています。開発面については,今回のアプリの特徴的な点としてインフラが挙げられます。それが「Sqale」の採用です。

Sqaleは,昨年8月に当社がリリースした,開発者向けのホスティングサービスです。

Sqale
http://sqale.jp/

このホスティングサービスの特徴は「手っ取り早く。やりたいことだけ。」がコンセプトになっている点で,開発に集中しやすい環境になっています。さらに,Ruby on Railsに対応していることで汎用的なフレームワークが利用しやすく,今回の開発にも大変役立ちました。

馮:Sqaleを採用した公式サービスというのはあまり聞いたことありませんが,他の実績はどうなっていますか?

野口:おっしゃるとおり,まだ公式サービスが出ていなく,今回のOEKAKIGRAMが初めてのSqale採用した公式のサービスです。

つながり(グラフ)に何を選ぶか?

――デザイン・開発ともユニークなOEKAKIGRAM。そして,ソーシャルネットとしてはつながり(グラフ)の“ゆるさ”も特徴的です。

馮:ソーシャルネットの観点で観ると,⁠ゆるさ⁠も1つの特徴のように感じています。今回,Twitterアカウントのみの連携にした理由はなぜでしょう?

野口:当初,全部入り(他のソーシャルネットサービスのアカウント対応)も検討しました。ただ,お絵かきという動作に対して,できる限りシンプルなサービスにしたかったのです。そこで,まずはTwitter,しかも片方だけのフォローだけでつながれるようにしています。あとは,ユーザが絵を描いて共有するだけです。

福田:この点で言うと,今回,pixivさんのサービスを意識しています。イラスト系ですぐにつながって広がるようなイメージです。Facebookなどの相互承認系サービスより,Twitterの(片方)フォローだけというのがマッチしていると感じています。

馮:いわゆるクローズドなソーシャルネットよりも,オープン寄りなんですね。もう1つ,絵をリレーしていくというのも面白いグラフだと思います。

野口:他人のイラストの上に絵を描けるおえかきリレー機能は,実はあとから実装した要素でした。モックができた段階で社内テストを行ったのですが,初めて使った社員は興味を持ってくれはするものの,そこから先の継続性がなかったのです。異口同音に「面白みが少ないね」と。そこで,何人かに集まってブレストしたときに「誰かの絵に追加でかけたら面白いのでは?」という意見が出て,そこからおえかきリレー機能が追加されました。

馮:その他,つながりの要素としては……?

野口:最初に出た

  • Twitterのフォロー
  • おえかきリレー

の他は

  • ハッシュタグ
  • Like

のみ,計4つです。

馮:本当にシンプルなつながり(グラフ)になりますね。

野口:はい。デザインの話に戻りますが,UIおよび機能についてもシンプルで,

  • ペンの大きさ(3種類)
  • 絵の具の色(7種類)
  • 消しゴムの大きさ(3種類)
  • 背面テクスチャ(6種類)
  • ゴミ箱

だけです。

ただ,シンプルにしたがゆえに,リリース直後からユーザの皆さんの使い方がさまざまで本当に面白いです。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2013年

  • 誰もが手軽にゆるく使ってつながれる――絵と絵でつながるソーシャルネット「OEKAKIGRAM」登場

コメント

コメントの記入