インタビュー

設計,運用,日々改善~Open Compute Projectに見るFacebook流アプローチ~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Facebookを中心として始まった「Open Compute Project」。これは高効率なデータセンターを構築するために設立したプロジェクトです。今回,Open Compute Projectに関して,Facebook社Group Program Manager,John Kenevey氏と,Hardware EngineeringのシニアマネージャMatt Corddry氏にインタビューしたのでその模様をお届けします。


Open Compute Project(以後OCP)は,2011年4月にFacebookが提唱して始まった,高効率なデータセンターを構築するために必要な建物や機器の設計を公開し,共有するプロジェクトです。その目的はオープンソース・ソフトウェアの手法にのっとって公開された設計をより優れたものに磨いていくことにあります。

OCPはもともとFacebookの中で始まったプロジェクトであり,今でもFacebookは主要なメンバーです。OCPサイトのタイトルに謳われているフレーズ「Hacking Conventional Computing Infrastructure」からもFacebookと共通のHack精神写真1が感じられますね。2013年1月にはオープンコンピュートプロジェクトジャパン(OCPJ)が発足しています。

取材は2013年4月,Menlo ParkにあるFacebook本社にて行われました写真2)。応えてくれたのはGroup Program ManagerのJohn Kenevey氏と,Hardware Engineeringのシニアマネージャ,Matt Corddry氏です。

2人はとてもざっくばらんに,なんでも話す人たちでした。彼らのざっくばらんな話しかたを再現するために,以下の訳文も口語的なままにしておきます。なお今回の取材は,ビットアイル総合研究所の伊藤正宏さんに協力いただきました。いつもありがとうございます。

写真1 キャンパス内風景。The Hacker's Companyと掲げられています。ここは元Sun Microsystemsのキャンパスでビルは同じながら渡り廊下とその構造を大胆に赤く塗ることでぐっとモダンな印象になっている。

写真1 キャンパス内風景。The Hacker's Companyと掲げられています。ここは元Sun Microsystemsのキャンパスでビルは同じながら渡り廊下とその構造を大胆に赤く塗ることでぐっとモダンな印象になっている。

写真2 本社(Menlo Park キャンパス)入り口前。右手に良いねサインのタイトルが見える。偶然かあたりまえか,目の前はTesla S。ガレージには電気自動車がいっぱい。

写真2 本社(Menlo Park キャンパス)入り口前。右手に良いねサインのタイトルが見える。偶然かあたりまえか,目の前はTesla S。ガレージには電気自動車がいっぱい。

業界を変える

まずJohnに,2年に及ぶOCPの活動について聞きました。

写真3 John Kenevey氏。

写真3 John Kenevey氏。

  • John Kenevey(以後J)そう,4月7日はOCP 2周年の日でした(本取材はその翌週に行われました)。

    2年前,CEOマーク・ザッカーバーグと我々のラボは我々にとって最初の専用データセンター,Prinevilleデータセンターをオープンソースで設計しようと決めたのです。4月から6月にかけてじっくり検討してみると,「おい,こりゃちょっと馬鹿っぽいぞ,俺たちは業界をもっと良いところにシフトできるぜ注1)」となりました。コストは1/10,電力消費も下げられると。

    結果,CAPEX(長期修繕更新費用)は25%程度に,電力消費は24%にまで下がりました。我々はこれを公開して,業界のメトリクス(数的指標)をこのレベルにシフトしようとしたわけです。これがまず成功した部分だね。実際,できあがったPrinevilleのPUEは1.07で,当時トップレベルでした。

いま,OCP/FacebokやGoogleなどがサーバをメーカから買わず自己調達することでPCハードウェア業界に変化が起きています。

Johnはしかし PC 業界だけでなく,設備や建設業界の変革についても取り組んでいる,と言います。

  • J:建設産業は成熟した業界で,米国では少数の大企業によるエコシステムがある。彼らはビルディングを作る。レンガと水(の世界)で,(我々とは)マインドセットが違う。しかし物事はデジタルになりつつあり,彼らはデジタル・マインドセットを組み入れなければならない。Prinevilleでは,建設チーム,メカ,電気のエンジニアが一緒に働いた。まったく違うエンジニアたちがいっしょに仕事をしてエネルギー消費やコストについて解決したんだ。

たしかに大型のコンテナ型データセンターなどは,従来的な建物に較べて建築物の重要性やその価値がとても低くなっています。しかし,建物の重要性は下がっても,そこにあるのはただの箱ではなく,温度や電力についてとても洗練された管理システムをもち,サプライチェインと密接につながっているものです。Johnは建設業界の誰もがこうしたエリア,つまり洗練された管理システムが重要な意味をもつ施設に今後はフォーカスすべきだ,というわけです。

注1)
実際のJohnのセリフは「Hey this is something nerd, we can shift the industry to the better」でした。面白いですね。

著者プロフィール

安田豊(やすだゆたか)

京都産業大学コンピュータ理工学部所属。KOF(関西オープンフォーラム)やiPhoneプログラミング勉強会などのコミュニティ活動にも参加。京都の紫野で育ち,いまは岩倉在住。せっかく復帰させたCBX 400Fに乗る機会がなく残念な日々を過ごしている。

バックナンバー

2013年

  • 設計,運用,日々改善~Open Compute Projectに見るFacebook流アプローチ~

コメント

コメントの記入