インタビュー

リブセンスの新卒研修から生まれた「Pacirii」から見えたもの~シェアで体験できること・できないこと

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2014年4月24日,株式会社リブセンスから1つのサービスが生まれました――「Pacirii(パシリイ)⁠本サービスは,この4月に入社した新入社員4名が,試験的に創り出した新サービスです。新卒研修として新規サービスを立ち上げたその背景,そして,そこから得られたものは何だったのか?開発メンバー篠原拓人氏,稲留駿介氏,小林寛和氏,堀琢馬氏の4名,そしてこの研修を立案した人事部門長 桂大介氏にお話を伺いました。

新卒研修の舞台裏について,それぞれの思いと考えを語っていただいた

新卒研修の舞台裏について,それぞれの思いと考えを語っていただいた

新規事業の誕生を体験させること

――まずはじめに,この新卒研修を始めた経緯と狙いについて教えていただけますか。

桂氏: まず,私たちリブセンス自体が大変若い会社であるということが大きな背景にあります。2006年設立後,2011年に東京証券取引所マザーズに株式上場(2012年東京証券取引所市場第一部へ市場変更)⁠まだまだこれからさらなる成長を目指しています。

そのためには,企業としては既存事業の拡大をしていくことに加えて,新規事業に積極的に取り組む体制を作らなければなりません。ただ,そうは言っても,既存事業に比べて新規事業に関われる人材はそれほど多くないという現実があります。

こうした背景から,代表の村上から「それではあらかじめ新規事業を体験できるものを考えてみよう」という意見が上がり,今回の新卒研修の企画・実施に至りました。この研修では,一般的な新卒研修(社会人としてのマナーなど)に加え,⁠新規事業の立ち上げと運営」を強制的に体験してもらうことを一番の目的とし,⁠事業を作るおもしろさ」⁠既存事業の拡大とは異なる醍醐味」を感じてもらえればと考えていましたね。

また,その経験を通じて,広い視野を持つきっかけに繋がればと思いました。結論から申し上げると,今回の新卒研修は非常に良い刺激になったと思います。詳細はこのあと,新卒メンバーからの話にもあるかと思いますが,事業を立ち上げ,実際にユーザの顔を見れたこと,リリースだけではなくサービスの運用・運営を行い,そこで課題が見つかったことなど,座学では体験できないことが多々あったのではないでしょうか。

今回の研修を経験した新卒メンバー4名は,これから所属部署でそれぞれの事業に関わっていく中で,⁠目的を意識する」考えが持てたように思います。とくに,自分たちのように「Webを使うことがあたりまえ」の企業の中で,⁠そのWebが本当に必要かどうか」を考える意識を持ってくれたのではないでしょうか。

――なるほど。背景と狙いはもちろん,この1ヵ月弱の研修で非常に大きな実りがあったわけですね。これから詳細を伺うのが楽しみです。 続いて,実際にこの研修を受けた新卒メンバー4名にお話を伺います。まず,皆さんの自己紹介をお願いします。

篠原: 私は経営企画部所属です。私のミッションは主に,新規事業の開発・推進,リサーチを行うことです。大学在籍中はビジネスコンテストの企画運営団体に所属しており,事業開発には興味を持っていました。

実はもともと別の会社への入社を検討していたのですが,リブセンスのカルチャーにある「何をやるかではなく,誰とやるか」という点に惹かれ,入社に至りました。

稲留: 私はデザイン部所属です。専門学校でWeb開発学科に所属しており,デザインに特化して学んでいたわけではなく,Webそのものに興味がありました。リブセンスへの入社に関しては,自分の面接官(部長)の人柄に惹かれた点が一番大きな要因で,絶対に入社したいと思いました。

小林: 私はデジタルマーケティング部所属のエンジニアです。プログラミングを始めたのは大学3年からで,当時小規模なスタートアップ企業に参画していました。リブセンスではインターンをしており,1年のインターンを通じてこの会社には自分にとってネガティブ要因がまったくないと感じ,改めて入社を希望しました。

堀: 私はデジタルマーケティング部のSEOグループ所属です。大学時代はWebに注力していたわけではなく,どちらかというと体育会系(ダンス部)でした。ただ,ベンチャー企業に興味を持っていたのが,リブセンス入社のきっかけとなっています。とくに,ベンチャー独特の雰囲気が心地良く感じました。

――四者四様,入社までの経緯も,入社後の部署もまったく異なっているのですね。伺ったところ,事前説明がなく(しかもお互いほとんど面識がない状態で)いきなりこの研修がスタートしたそうですが,言い渡されたときの感想はどうでしたでしょうか?

篠原: ぞくぞくしましたね。興奮しました。これまで私は企画までしか関わったことがなかったので,このメンバーで実際につくれると思い,ワクワクしました。

稲留: とにかく驚きました。右も左もわからなく,それ以上の感想が出なかったです。

小林: 人に届けられるものがつくれるんだと,ワクワクしました。

堀: 驚いて,すぐに楽しみに変わりました。

桂: 補足すると,研修を企画した立場としては,とにかく自由度を高くして,本人たちに考え,体験してもらえる環境にしたかったんです。とはいえ,まったくテーマがないというのではつくる側も悩むでしょうし,こちらとしてもあまりに突拍子もないものが出てきても困ります。そこで,

  • 最近アメリカで流行っているような速達系サービス
  • 予算は30万円以内

この2つを制約として,あとは新卒メンバーに考えてもらうようにしました。加えて,メンタリングについては別途社内の人間からフォローを入れるようにしました。

本当にWebが必要なのか?~想像と現実の壁

――新入社員がいきなり予算をもらい,その管理とともに企画立案から実装までというのはそうそうないですよね。というか初めて聞きました(笑)では,続いて,サービス企画から開発,リリースまでについてお話を伺いたいと思います。

篠原: まず,チームビルディングをしました。そういうと仰々しいですが,いわゆる自己紹介ですね。同期で少し話したことがある程度でしたので,まずはお互いを知ることから始めました。そして,すぐに時間のかけ方について議論しました。当初は,4日目には一回目の売上を立てられるような計画だったんです。ただ,実際はそんなに甘くなかったですね(苦笑)⁠予定より一週間以上遅れました。

それから,ようやくβ版のリリースにつながりました。まず,自分たちが考えてつくったサービスを社内の先輩方に体験してもらったんです。

できあがったサービス

  • 概要:欲しい商品を購買代行し30分以内にお届けする(範囲限定)
  • 料金:商品500円につき手数料50円

Pacirii(現在はクローズ)

Pacirii(現在はクローズ)

――反応はどうでしたか?

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2014年

コメント

コメントの記入