インタビュー

OSSカルチャーを素早く理解したOpenDaylightコミュティを誇りに思います ─OpenDaylightディレクター フィル・ロブ氏インタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

The Linux Foundationというと,Linuxの普及だけを支援する組織だと思われているかも知れません。しかし,近年は,オープンソースのSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)コントローラーOpenDaylightや,PaaSソフトウェアであるCloudFoundryなどのプロジェクトも,協業プロジェクト として,その普及活動を支援しています。

OpenDaylight普及活動の一環として,2015年10月下旬,東京で開催されたOpenStack Summitに合わせて来日した,Linux Foundationシニアテクニカルディレクター(OpenDaylight Senior Director of Technical Operations)であるフィル・ロブ(Phil Robb)氏に,プロジェクトの進捗やコミュニティとの関係について話を聞きました。

また,当日は,日本でODLUG ⁠OpenDaylightのユーザーグループミーティング)⁠ をリードする工藤 雅司氏(NEC スマートネットワーク事業部主席技術主幹)に同席をいただくことで,国内から見たプロジェクト状況を補足していただきました。

開発のしやすさとコミュニティの魅力がOpenDaylight発展の鍵

――まず,OpenDaylightの目的とフィルさんの役割をご紹介ください。

フィル・ロブ(Phil Robb)

フィル・ロブ(Phil Robb)氏

フィル:2013年4月からスタートしたOpenDaylight は,SDNのコントローラーのプラットフォームです。ユニークな点は,マイクロサービスアーキテクチャを採用し,さまざまなサービスやプロトコルを容易に追加できることです。私たちは,OpenDaylightをユビキタスなOSSのSDNコントローラーにすることを最終的な目標として,活動しています。

その中で,私の役割は,シニアテクニカルディレクターとして,開発者コミュニティと運営・調整を行い,また,関連するNPOとの連携を行っています。

――目標に向かって,OpenDaylightの進捗はいかがでしょうか?

フィル:開始してからの進捗には目を見張るものがあります。最初のリリースでは15のプロジェクトだったのが,現在では,58のプロジェクトとなり,コードを書いて貢献する開発者は,550名を超え,OpenDaylightを製品やサービスとして取り入れている企業は,25社を数えます。

――プロジェクトを進めていく上で,どれくらいの開発者が十分だと考えますか?

フィル:550人以下ではないでしょう(笑)⁠

テクノロジーが浸透し,採用されていくために大切なことは,コミュニティおよびメンバーが,それぞれの問題をお互いに解決していくことが大切だと思います。そのためには,テクノロジーのプラットフォームを構築し,その上にモジュラー型に機能を追加して,容易に拡張でき,さまざまなユースケースに利用できることが重要です。

そういった意味で,開発者の数というのは,そのプラットフォームで対応できるユースケースの数とつながりがあります。現在,OpenDaylightでは,開発者の増加に比例して,多くのユースケースに対応できるようになってきており,私は非常にうれしく思っています。

――現在,OpenDaylightが開発者を引きつけている点はどこにありますか?

フィル:3点あるのではないでしょうか。

1点目は,さまざまな組織や人が参加して,ある程度の大きな規模になっているため,開発者として,すぐにつぶれることはないなという信頼感が出てきていることがあるでしょう。2点目は,開発者にとって,アーキテクチャが比較的貢献しやすいものなっている点があります。それぞれのユースケースに合わせて拡張しやすいためです。最後に,OpenDaylightコミュニティが,参加しやすい,学びやすい,質問し,答えを得やすいといった,敷居が低く,新しい人を受け入れやすい土壌になっていることもあるでしょう。

工藤:フィルさんがおっしゃった通りだと思います。おそらく,世界でも,日本でも,きちんと最初のバージョンがリリースされたことに安心しました。そして,それが,特定のベンダー1社といった意思に左右されたものではなく,コミュニティの意思でリリースされたことが大きいですね。

工藤 雅司氏

工藤 雅司氏

敷居が低いことについては,やはり,すべてがオープンであることが大きいです。テクニカルリーダーズワークグループなどすべての会議がオープンですし,各プロジェクトのミーティングもすべて情報が公開されています。

私たちにとって,困る点が一点あり,それが時差ですね。電話会議が設定される時間が,日本の真夜中になることが多いことです。

フィル:それを改善してくためには,ますます各地域,国ごとのユーザグループを活発にしていきたいですね。

よいオープンソースのプロジェクトは,メーリングリストやIRCなどを活用して,情報を記録できるようにしています。さらに,私たちは,電話会議をするときでも,できる限り録音をして,誰でも参照できるようにしています。ベストを尽くして,みなさんが参加しやすいようにしていきたいと思います。

※)
OpenDaylightでは,機能ごとに独立したプロジェクトが組織され開発が進められています。半年ごとにメジャーバージョンのリリースが行われ,現在の最新バージョンは,2015年6月にリリースされたLithiumです。

著者プロフィール

赤井誠(あかいまこと)

日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)に入社後,ソフトウェアR&D,事業企画,マーケティング部門を歴任。2003年からLinuxビジネス立ち上げのリーダーとなり,日本HPをLinux No.1ベンダーに導く。また,x86サーバーを活用したハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)を立ち上げ,HPC No.1ベンダーに導く。2011年4月 MKTインターナショナル株式会社を起業し,現職。
キャリアデベロップメントカウンセラー

著作・翻訳:
『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降,ライター活動も実施中。『リーダーにカリスマ性はいらない』,『MySQLクックブック』『JBoss (開発者ノートシリーズ) 』(オライリー・ジャパン)など多数。

バックナンバー

2015年

コメント

コメントの記入