インタビュー

「Hyperledgerが金融に特化したソリューションなら興味を持たなかった」 ―Brian Behlendorf氏インタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

昨今,一般メディア,専門メディアとも,ブロックチェーン,ビットコインなどのフィンテックについて取り上げられることが多くなりました。特に,ブロックチェーンについては,さまざまな団体や企業が標準化活動,検証活動を行っています。

中でも,CMEグループやJPモルガン,ABN AMROなど大手金融機関やIBM,富士通,日立,NEC,VMware,Red Hatなどの大手ITベンダーが参画し,ブロックチェーン技術を推進する「Hyperledger」⁠ハイパーレジャー)⁠ プロジェクトに注目が集まっています。

そんな流れをふまえて今回,2016年7月中旬,東京で開催された「LinuxCon Japan 2016」に合わせて来日したHyperledgerプロジェクトのエグゼクティブディレクターBrian Behlendorf(ブライアン・ベーレンドルフ)氏に,Hyperledgerの目的と現状をインタビューする機会を得ました。ここではその模様をお届けします。

オープンソース協業で行うブロックチェーンプロジェクトの強み

インタビュー内容の紹介の前に,まず,Hyperledgerプロジェクトの概要を簡単に紹介します。

Hyperledger プロジェクトは,Linux Foundationが進めるプロジェクトの1つです。Linux Foundation はLinuxの普及だけを支援する組織ではなく,近年はオープンソースのSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)コントローラーOpenDaylightや,PaaSソフトウェアであるCloudFoundryなどのプロジェクトも,協業プロジェクトとしてその普及活動を支援しています。これら最新の協業プロジェクトの1つがHyperledgerプロジェクトです。Hyperledgerプロジェクトは,ブロックチェーン技術の推進に取り組んでいます。

このプロジェクトをリードしているのが,WebサーバApache Web Serverのメイン開発者として活躍し,Apache Software Foundationの創設メンバーとしても著名な,Brian Behlendorf氏です。

Brian Behlendorf氏

Brian Behlendorf氏

――Hyperledgerプロジェクトがスタートした背景と目的をご紹介ください。

B(Behlendorf氏)⁠元々,Linux Foundationには,複数の企業からブロックチェーンについてのプロジェクトを立ち上げる提案が来ていました。その中でも積極的だったのがIBMです。IBMでは,すでにかなりブロックチェーンソフトウェアを開発して,ソースコードがあったのですが,これをオープンソースにしてもっと多くの人に使って欲しいと思っていたのです。そこで,2015年12月に23社が参加して正式にプロジェクトがスタートすることになりました。

これは,これまでブロックチェーンが主に利用されてきた領域と違うところで活用していきたいという要望が強くなってきたことがあります。たとえば,エンタープライズ領域での高いトランザクションがある分野などです。最終的には,同じテクノロジーを使いながらも,いろいろな異なるツールでこのソフトウェアが活用されるようになっていけば,このプロジェクトは成功したといえると思います。

――日本からの参加者企業・団体についてはいかがでしょうか?

B:プレミアメンバーとして,富士通,日立,ジェネラルメンバーとして,NEC,NTTデータ,ソラミツが参加しています。ビジョンやテクノロジーに合意をいただき,金銭的なサポートを含めて協力いただいています。ソースコードの開発レビューがやっと始まった段階ですので,今後より深い貢献をしていただけると期待しています。

――ブロックチェーンについてはさまざまな団体が標準化に取り組んでいます。それらとの違いは何でしょうか?

B:大きなプロジェクトといえば,ビットコインやR3CEVでしょうか。これらのプロジェクトは,基本的に仮想通貨に対応しようとしているものです。プルーフオブワーク(Proof of Work:ブロックチェーンの正しさを保証していくものとして考え出されたもの)というのが基本的なコンセプトです。

Hyperledgerが目指しているのは,スループット,トランザクションの領域です。これは,今のビットコインなどでは対応し切れていない部分です。しかし実際には,これらのプロジェクトとは競合という意識はありません。参加企業にはビットコインを使っているところもあります。

オープンソースプロジェクトのいいところは,違った目標を持っている,場合よっては,他の分野で競合しているベンダーや関係者でも,必要なところは一緒に集まって,1つのものを形あるものにしていくということです。そのため,彼らとも一緒にいろいろなものを開発していければいいなと思っています。

――Hyperledgerはどのような用途で使われると考えられるでしょうか?

B:さまざまな業界で,いろいろなアプリケーションで使われていくだろうと考えています。その中でも一番わかりやすいのは,金融分野でしょう。数多くのトランザクションが発生する金融サービスでは,さまざまなアプリケーションで利用されていくでしょう。SWIFTのような集中ブローカーがいるサービスでも使われでしょうし,分散保持されているデータを共有データベースといった形で利用することもできますし,トランザクションそのものの一貫性も担保できるようになります。そういう意味で,金融機関が期待するツールとなるでしょう。

金融サービス以外にも利用分野があります。たとえば,製造から物流までをカバーするサプライチェーンでの利用も検討されています。これはとても興味深い事例ですが,近く発表できるのではと考えています。ヘルスケア分野での利用もあります。患者のカルテは現在各医療機関ごとに持っています。これをさまざまな医療機関で共有することができるようになるといったものです。IoT分野でも,いろいろなアプリケーションが出てくるでしょう。

また政府/公官庁系での利用も考えられています。特に新興国においてです。たとえばお金の貸すときに,不動産の名義はどうなっているのかなどについて,そのデータが本当に信用できるのかという不安があります。これらのデータの正確さやタイムリーに取得できるかなどを担保する方法として,利用が検討されています。

著者プロフィール

赤井誠(あかいまこと)

日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)に入社後,ソフトウェアR&D,事業企画,マーケティング部門を歴任。2003年からLinuxビジネス立ち上げのリーダーとなり,日本HPをLinux No.1ベンダーに導く。また,x86サーバーを活用したハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)を立ち上げ,HPC No.1ベンダーに導く。2011年4月 MKTインターナショナル株式会社を起業し,現職。
キャリアデベロップメントカウンセラー

著作・翻訳:
『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降,ライター活動も実施中。『リーダーにカリスマ性はいらない』,『MySQLクックブック』『JBoss (開発者ノートシリーズ) 』(オライリー・ジャパン)など多数。

バックナンバー

2016年

  • 「Hyperledgerが金融に特化したソリューションなら興味を持たなかった」 ―Brian Behlendorf氏インタビュー

コメント

コメントの記入