インタビュー

Wave Computing(MIPS)とEsperanto Technologies(RISC-V)への取材を通して見た,オープンソースプロセッサというムーブメント

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

相次ぐCPUオープン化の動き

このところCPUのオープン化について,大きな発表が続いています。短い期間にMIPS,Arm,POWER,つまりx86以外の主要な32/64bitアーキテクチャが何らかの形でオープン化の方向に動いたのです。

たとえば2019年の3月にMIPSが最新のISA※1と関連するIP(設計情報)などを無償公開しました。その4ヵ月後,7月半ばにはArmが一部のCPUなどのIPの利用を従来よりぐっと低額にした「Arm Flexible Access」を発表しました。その翌月,8/21にIBMはPOWERのISAを無償提供しました。

いずれも発表だけでなくトレーニングツールやサンプルの提供が含まれたもので,⁠まず取ってきて,すぐ試す」というオープンソースソフトウェア流のアプローチができるものです。

こうした動きはオープンなプロセッサとして急速に立ち上がりつつあるRISC-Vが誘導している部分が大きい,と筆者は考えています。

本稿ではこのプロセッサのオープン化の動きについて,2019年の4月に行ったWave Computing社とEsperanto Technologies社への取材を軸に解説します。

※1)
Instruction Set Architecture,命令セットアーキテクチャ。単純には機械語の仕様だと考えてください。

MIPS / Wave Computing

MIPSは1980年代のRISCアーキテクチャ草創期から現在まで続く,長い歴史を持つプロセッサの1つです。他企業による買収とそこからの独立を何度か繰り返し,2018年6月にWave Computingに買収されて現在に至ります。

Wave Computing はAI専用エンジンを開発しているシリコンバレーのスタートアップで,その心臓部となるデータフロー型プロセッサにMIPSコアを使っています。取材したのはArt Swift氏,当時の肩書きはPresident, MIPS AI Engine,つまりMIPS部門のトップでした。その後Wave社全体のCEOになりました。

まずMIPSの買収と,その後のオープン戦略について伺いました。

Art Swift氏

Art Swift氏


Art※2⁠: Waveの技術とMIPSの技術をマージして,新しいMIPS AIとしての技術を作るためです。データセンタの中から,組み込みデバイスの端(エッジ)までをMIPSの技術で作ります。つまり共通の良く知られたハードウェアアーキテクチャとソフトウェアアーキテクチャで揃えるのです。

そのために我々はMIPSをオープンで,フリー(無料かつ自由)にアクセスできるようにしたいと考えました。


つまり,WaveがMIPSを買収したのは垂直統合のためだが,エッジまでMIPSで統合して作るためにはエッジ側でのユーザとの共創が重要になる,だからオープンにする,という戦略です。オープンにすることで「ユーザからより多くのエンスージアズム(関心・情熱)を得る機会を増やせること」が重要だ,と言います。

無償公開されたのは32/64bitの最新版MIPS命令セットアーキテクチャだけでなく,統合開発環境,Intel(Altera)およびXlinxのFPGAに対応したトレーニング,評価用パッケージが含まれます。取材時にArtはmicroAptiv coreも提供すると話し,実際,翌5月にリリースされました。これらはすべてエッジでのユーザの開発アクティビティを活性化するためだ,というわけです。

※2)
Swift氏とは取材以前に何度か会っており,本稿では親しみを込めて単にArtと表記します。

オープンソースにおけるコミュニティとエンスージアズム

Artは「オープンソースハードウェアに関して,我々は過去に学べる」と言います。


Art:つまり我々はオープンソースソフトウェアの草創期のことから教訓を得ています。コミュニティを作り,サポートを提供し,誰でもそれが使えるようにすることが重要です。RISC-Vコミュニティはこのモデルを推進するうえで偉大な仕事をしました。

そうすることでイノベーティブなこと,たとえば新しい方向のアーキテクチャを作ったりする人達が存在することを示し,そうやって新しいマーケットが作られる,その可能性が確認されたのです。

筆者:先日会ったとき,あなた自身のオープンソースソフトウェアの経験について少し話しましたよね。もう少し教えてください。

Art:昔,Linuxに関係がある企業に居たのですが※3⁠,そこでコミュニティをビルドするのがとても重要だということを学びました。Linuxをどうにしかして改善するぞ,というエンスージアズムなどはまあ驚くべきものでした。

そしてそれはオープンソースハードウェアをドライブするときでもまったく一緒なんだと思います。コミュニティをエンカレッジして(励まして⁠⁠,自分も参加し,皆が簡単にアクセスできるようにして,すぐトレーニングできるようにして,と,いろんなやり方で人々に働きかけるんです。それが昔に私が学んだ重要なことです。

筆者:なるほど。

Art:そしてこのレッスンを僕らはTransmetaで繰り返したんだ※4⁠。覚えてますよね。⁠はい)はじめ,Linusと一緒に働いたしね。⁠ははは)

Wave社入口(所在するCAMPBELL市の名前が貯水タンクに見えます)

Wave社入口(所在するCAMPBELL市の名前が貯水タンクに見えます)

社内の休憩エリアは今どきの雰囲気

社内の休憩エリアは今どきの雰囲気

※3)
現Lynx Software Technologies。LynxOSというプロプライエタリなリアルタイムOSを開発しており,Linux互換のABI(アプリケーションバイナリインターフェース)を持つ。
※4)
Artは2003~2007年までTransmetaにいました。私が2004年に取材で訪問したときに会っていたかもしれません。

著者プロフィール

安田豊(やすだゆたか)

京都産業大学コンピュータ理工学部所属。KOF(関西オープンフォーラム)やiPhoneプログラミング勉強会などのコミュニティ活動にも参加。京都の紫野で育ち,いまは岩倉在住。せっかく復帰させたCBX 400Fに乗る機会がなく残念な日々を過ごしている。

バックナンバー

2019