ニュースリリース

NetIQ,システム管理ソフトウェア 「NetIQ AppManager 7.0J」発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

NetIQ(株)は2007年12月11日,システム管理ソフトウェア「NetIQ AppManager 7.0J」を発表し,12月17日より発売する。

同製品は,システムの稼働状態を管理/監視するためのソフトウェア。Windows,UNIX,LinuxなどのサーバOS,VoIPをはじめとする各種アプリケーション,ネットワークデバイスなどの稼働状態/パフォーマンスをネットワークを通じて一元管理/監視するための機能を提供する。

管理コストを軽減するため,管理者はサーバをグループ化するための基準を定義することが可能。その基準に基づいて自動的にグルーピングされたサーバごとに,ポリシーに従った管理を行うことができる。その他にも,エージェントやKnowledge Scriptの自動インストールを可能とする「ゼロタッチ」リモートインストール機能などを備えており,監視業務のコスト軽減,効率化を図ることができる。

価格は40万円(税別/1コンソールライセンス)。Windows/UNIX/Linux用の3種類が用意されているエージェントライセンスの価格は要問い合わせ。

NetIQ(株)
URLhttp://www.netiq.co.jp/

コメント

コメントの記入