ニュースリリース

無料英語学習SNS『iKnow! β Ver 1.2』新アプリケーション「BrainSpeed」提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

セレゴ・ジャパン(株)は,同社の提供する無料英語学習SNS『iKnow! β Ver 1.2』http://www.iknow.co.jp/においてPCとWii対応の新たなアプリケーション「BrainSpeed」の提供を2008年1月30日より開始した。

提供開始に伴い,同日,都内にて記者発表会見が行われた。

新アプリケーション「BrainSpeed」の説明を行う同社営業本部長 兼 事業開発本部長 マイケル長谷川氏。

新アプリケーション「BrainSpeed」の説明を行う同社営業本部長 兼 事業開発本部長 マイケル長谷川氏。

「BrainSpeed」

脳と身体の反射神経を使って,2択で1分間に解ける問題数を競う,脳トレーニングとゲーム感覚の要素を取り入れた英語学習アプリケーション。

英単語を視覚的に捉え,脳に潜在している記憶をゲーム感覚で呼び起こし,脳のスピードと記憶力をアップさせる単純明快なトレーニングを行うことが可能となる。

キャッチフレーズは「皆さんは,ドキドキする英語学習をしたことがありますか?」

「BrainSpeed」。同サイトトップページ学習アプリのご紹介からアクセス可能。

「BrainSpeed」。同サイトトップページ“学習アプリのご紹介”からアクセス可能。

語彙の和訳を二択で選ぶ形式。画面下部のバーが消えるまでにクリックする。正解すると出題スピードが増加。記憶の反射神経と集中力が鍛えられるとのこと。

語彙の和訳を二択で選ぶ形式。画面下部のバーが消えるまでにクリックする。正解すると出題スピードが増加。記憶の反射神経と集中力が鍛えられるとのこと。

集中しないと回答が間に合わずタイムアウトしてしまう。

集中しないと回答が間に合わずタイムアウトしてしまう。

終了後には成績表でパフォーマンスを確認。

終了後には成績表でパフォーマンスを確認。

正確性・スピードなどもバランスはグラフで確認できる。

正確性・スピードなどもバランスはグラフで確認できる。

分析結果によって提示された苦手アイテムは,パズル形式のゲームで学習。

分析結果によって提示された“苦手アイテム”は,パズル形式のゲームで学習。

また,同アプリケーションは家庭用ゲーム機Wiiにも対応している。Wii独自の体の動作を伴うリモコン操作が,BrainSpeedの選択問題への回答形式に合っているという理由から,採用したとのこと。

発表会出席者の中からWiiユーザを募り,その操作性を確認させた。

発表会出席者の中からWiiユーザを募り,その操作性を確認させた。

さらに,近いうちにブログパーツとしても展開させる予定。

今後の展開

今回の発表により同サービスの展開するデバイスに,PC/モバイル/パーソナル・ポッドキャストの他に新たにWiiが加わった。

前述の長谷川氏は「我々はやみくもにアプリケーションを提供しているわけではない。これら全てが『iKnow!』という世界の中で連携していることが重要である。アイデアはまだたくさんある。さらに新しいアプリケーションを作成していくので期待していてほしい」と述べた。

おまけ:発表会出席者に配られたチョコレートにはwe love iKnow!の文字が。米国m&m'sで行われているサービスだとか。

発表会出席者に配られたチョコレートには“we love iKnow!”の文字が。米国m&m'sで行われているサービスだとか。

iKnow!
URLhttp://www.iknow.co.jp/

コメント

コメントの記入