ニュースリリース

グレープシティ,Java対応チャート生成機能を提供する「WebCharts3D 5.2J」を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ(株)は2月6日,同社が開発するJavaシステム向けチャート生成機能提供ツール「WebCharts3D」の最新版,「WebCharts3D 5.2J」を3月中旬より発売することを発表した。

WebCharts3Dは,企業システムで使用されるさまざまなデータをチャート表現することで,「見える化」を実現するツール。サポートするチャートは全部で30種類で,135種類のテンプレートが用意されている。開発にあたってはWYSIWYGベースの高機能デザイナを準備しており,デザイナ上でビジュアルやレイアウト編集,各種プロパティの設定を行う。

開発したチャートに関しては,XML形式での出力の他,JSPやJSF,SWINGなど,使用するシステムに合わせたコードが自動生成される。

追加された2種類のチャート

今回のバージョンアップでは,

  • ゲージ
  • マップ
の2種類のチャートが追加された。

ゲージは,対象データのモニタリングやアラートをわかりやすく表示するためのもので,CRMやSFAといった用途に適している。一方のマップは,地図情報をはじめさまざまなデータをマッピングし,そこにデータを対応させるもので,エリアマーケティングの他,データを分類して表示させる用途に適している。

マルチコアに対応したライセンス体系

さらに,1コアCPUに対するライセンス体系を行っていた従来のサーバ運用ライセンスを,マルチコアに対応したものに変更した。これにより10~40%のコストダウンを実現できる。

基本価格は1開発ライセンス20万7,900円,サーバ運用ライセンス(シングルコア1CPU)55万4,000円~となっている。

グレープシティ(株)
URLhttp://www.grapecity.com/japan/webcharts/

WebCharts3Dのもつさまざまなチャート表現

WebCharts3Dのもつさまざまなチャート表現

コメント

コメントの記入