ニュースリリース

ATENジャパン,世界初日本語OSD搭載KVMPスイッチとデュアルリンクDVI対応KVMPスイッチを発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ATENジャパン(株)は,世界で初めて日本語OSD(On Screen Display)を搭載したKVMPスイッチ「CS1732B」「CS1734B」を2月20日,デュアルリンクDVI対応KVMPスイッチ「CS1782」を2月27日に発売することを発表した。

今回発売の製品はコンシューマ向けKVMスイッチとしては世界初となる日本語OSDを搭載し,直感的にポートを切り替えることが可能となったほか,UBS2.0ハブ搭載,多機能マウス対応,2.1chサラウンド対応など多彩な新機能が追加されている。またWindows以外にMac,Solaris,Linuxなどがサポートされており,ビジネス用途にも対応した製品といえる。

「CS1782」はDVI対応KVMスイッチ「CS1762」の上位モデル。対応解像度は3840×2400@13Hz,2560×1600@60Hzまでとなっており,医療,デザイン,トレーダーなどに最適。こちらもUSB2.0ハブ搭載,多機能マウス対応,7.1サラウンド対応など多彩な機能を標準で備えている。DVI対応KVMスイッチとしては,初のディスプレイエミュレーション機能を搭載。この機能を利用すれば,ディスプレイのメーカなどの情報を本体に記憶することが可能となり,ポートを選択してないパソコンを起動しても,解像度の再設定は不要となる。

価格は「CS1732B」が25,000円,「CS1734B」が35,000円,「CS1782」が27,000円(いずれも税別)。

日本語OSD搭載KVMPスイッチ「CS1734B」

日本語OSD搭載KVMPスイッチ「CS1734B」

デュアルリンクDVI対応KVMPスイッチ「CS1782」

デュアルリンクDVI対応KVMPスイッチ「CS1782」

ATENジャパン
URLhttp://www.atenjapan.jp/

コメント

コメントの記入