ニュースリリース

シックス・アパート,日本ベリサイン,野村総合研究所 「OpenIDファウンデーション・ジャパン(仮称)」設立に向け活動を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2月28日,シックス・アパート⁠株⁠日本ベリサイン⁠株⁠⁠株)野村総合研究所の3社は都内で会見を開き,日本国内でOpenIDをさらなる普及を推進するため,⁠OpenIDファウンデーション・ジャパン(仮称)⁠の設立に向けて活動を開始したことを発表した。2008年4月の設立を目指しているとのこと。

OpenIDは,米Six Apart, Ltd.が開発した認証技術。複数のWebサイト/Webサービスを共通のIDで利用可能にするもので,OpenIDに対応したサイトでIDを取得すれば,同じIDを使って他の対応サイトも利用できるようになる。個々のサイトでのユーザ登録作業が不要になることに加え,ユーザが自分のIDを管理する手間を大幅に軽減することができるメリットがある。2008年2月7日時点で,全米の1万のWebサイトがOpenIDに対応し,2億5,000万件を超えるOpenID対応IDが提供されているとのことだ。

今回発表された「OpenIDファウンデーション・ジャパン(仮称)⁠は,米国オレゴン州非営利法人「OpenID Foundation」⁠2007年6月設立)の日本支部となるもの。活動内容として,OpenID技術に対する日本国内での要望の取りまとめ/OpenID Foundationへの報告,国内WebサービスにおけるOpenID技術の普及促進,インターネットユーザに対するOpenID技術の啓発活動推進などが挙げられている。発起人となる3社に加え,次に挙げる8社が参加表明を行っている(2007年2月27日時点)⁠

  • ⁠株⁠アセントネットワークス
  • ⁠株⁠イーコンテクスト
  • インフォテリア⁠株⁠
  • ⁠株⁠テクノラティジャパン
  • ニフティ⁠株⁠
  • ⁠株⁠ミクシィ
  • ヤフー⁠株⁠
  • ⁠株⁠ライブドア

今後,マイクロソフト⁠株⁠やグーグル⁠株⁠など,米OpenID Foundationに法人理事として参加している企業の日本法人はもちろん,すでにOpenID技術を採用している企業の参画も仰いでいく考えとのこと。

(左から)シックス・アパート代表取締役 関信浩氏(発起人副代表)⁠野村総合研究所 情報技術本部 技術調査部 上級研究員 崎村夏彦氏(発起人代表)⁠Six Apart, Ltd. Open Platforms Tech Lead David Recordon氏(米OpenID Foundation副会長)⁠日本ベリサイン リサーチ室長 石川 和也氏(発起人副代表)

シックス・アパート(株),日本ベリサイン(株),(株)野村総合研究所

日本ベリサイン
URLhttp://www.verisign.co.jp/
シックス・アパート
URLhttp://www.sixapart.jp/
野村総合研究所
URLhttp://www.nri.co.jp/

コメント

コメントの記入