ニュースリリース

SRA OSS, PostgreSQLを中心としたOSSサポートをリニューアル発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

SRA OSS, Inc. 日本支社は3月13日,同社の主力サービスであるオープンソースソフトウェアのサポートサービスのリニューアルを発表した。

今回リニューアル発表をしたサポートサービスは,オープンソースデータベースの代表格であるPostgreSQLをサポートする「PostgreSQL/PowerGres サポート&保守サービス」と,ネットワークサービスで利用されるサーバソフトウェアをサポートする「OSS サポートサービス」の2つ。各サービスの概要は以下の通り。

※pgpool/pgpool-II
PostgreSQL専用の多機能ミドルウェア。コネクションプール,レプリケーション,負荷分散といった機能をもつ。
※Slony-I
ノードの追加や切り離しが簡単にできる非同期レプリケーションソフトウェア。

PostgreSQL/PowerGresサポート&保守サービス

PostgreSQL が止められないシステムでの採用が増えてきたことを受け,近年注目を浴びている高可用性を実現するクラスタソフトウェア(pgpool, pgpool-II, Slony-I)をサービス対象に追加したメニュー改訂を行った。

PostgreSQL/PowerGresサポート&保守サービス プラチナ
価格:年間税込2,100,000円
インシデント:無制限
登録質問担当者:20名
DBサーバノード数:20
対応ソフトウェア:
  • PostgreSQL V8.0以降
  • PowerGres on Windows V3以降
  • PowerGres on Linux V3以降
クラスタソフトウェア:
  • pgpool V3以降
  • pgpool-II V2.0以降
  • Slony-I V1.2以降
PostgreSQL/PowerGresサポート&保守サービス ゴールド
価格:年間税込840,000円
インシデント:無制限
登録質問担当者:4名
DBサーバノード数:4
※対応ソフトウェアとクラスタソフトウェアはプラチナメニューと同じ
PostgreSQL/PowerGresサポート&保守サービス シルバー
価格:年間税込420,000円
インシデント:無制限
登録質問担当者:1名
DBサーバノード数:1
※対応ソフトウェアはプラチナに同じ。
※クラスタソフトウェアのサポートはなし

OSSサポートサービス

今までサポートの要望が多く,個別に対応していたサーバソフトウェア各種のサポートを 「OSS サポートサービス」として新設。このサポートでは,使い方から障害対応までソースコードレベルで対応する。

価格:年間税込 210,000円
インシデント:無制限
登録質問担当者:1名
サポート台数:1サーバ
サポートソフトウェア:以下から1種類を選択
  • Web サーバ Apache
  • メールサーバ Postfix, sendmail, qmail
  • IMAPサーバ UW-IMAP, Courier-IMAP
  • LDAPサーバ OpenLDAP
  • DNSサーバ Bind
  • FTPサーバ ProFTPD, vsftpd
  • キャッシュサーバ Squid
  • SRA OSS, Inc. 日本支社
    URLhttp://www.sraoss.co.jp/

    コメント

    コメントの記入