ニュースリリース

HDE,ネット経由で安全なファイル送信を実現する「HDE Secure Mail for Online Storage」を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)HDEはメールの誤送信による添付ファイルの情報漏洩リスクを軽減し,安全な添付ファイル送信を実現するソフトウェア「HDE Secure Mail for Online Storage(HSMOS)」の販売を2008年3月31日より開始する。

添付ファイルを別途保管し,管理体制を強化

同製品は,送信メールの添付ファイルを,いったん送信サーバ側で自動的に取り除いて保管し,受信者にはURLを通知することにより別途Webアクセスによるダウンロードを可能にするソフトウェア。ダウンロード先のURLを記載したメールとは別に,そのページにアクセスするためのパスワードを記載したメールを送信し,ファイルへのアクセスに制限をかける。パスワードに関しては,自動的に通知する方法と送信者が任意で通知する方法の2種類から選択できるので,利用シーンに応じた活用ができる。

その他,Web管理画面から添付ファイルのダウンロード履歴の確認機能や,添付ファイルの保管期間の設定,管理画面のカスタマイズなどを行うことができる。

製品価格は,100ユーザ版が1,050,000円(税込)~。製品標準価格の15%にて年間サポートが提供される。

管理側の設定画面。パスワードの長さや保管の方法を指定できる。

管理側の設定画面。パスワードの長さや保管の方法を指定できる。

株式会社HDE
URLhttp://www.hde.co.jp/

コメント

コメントの記入