ニュースリリース

「Yahoo! JAPANインターネット クリエイティブアワード2008」開催~グランプリは100万円

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社は,Yahoo! JAPANインターネット クリエイティブアワード2008を開催する。このアワードは,インターネット関連でクリエイティブ制作を行うクリエイターと,新しいインターネット広告の可能性を開拓した広告活動を顕彰することで,インターネットと広告のさらなる発展を目的に開催するもの。

「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2008」では,7月1日~8月8日の期間で一般制作の作品を募る 「一般の部」と,企業プロモーション用に制作した作品を募る「企業の部」のそれぞれで,バナー部門とウェブコンテンツ部門から作品を募集する。その後1次審査員による選考,一般の訪問者によるサイト上での投票,最終審査員による審査会を経て,11月に贈賞式を行う予定。

「一般の部(バナー部門・ウェブコンテンツ部門)」はプロ,アマチュアを問わず非営利の作品を募る。

「一般の部(バナー部門)」は,テーマと仕様を設定しており,「Life EngineとしてのYahoo! JAPAN」もしくは社団法人 公共広告機構(以下,AC)の掲げる「環境問題」「人と人とのコミュニケーション」などのキャンペーンテーマ,計2テーマから,Yahoo! JAPANのトップページ右上に位置する「ブランドパネル トリプルサイズ」のバナー広告仕様に従って制作することになる。

「一般の部(ウェブコンテンツ部門)」は,ウェブサイト,ウィジェット,ブログパーツなど,バナー以外のすべてのクリエイティブ(インターネット上で閲覧可能なもの)が該当。

「企業の部(バナー部門・ウェブコンテンツ部門)」は,企業のプロモーションとして制作された作品を募るもの。「企業の部(バナー部門)」は,2007年9月1日~2008年8月8日の間にYahoo! JAPAN上に出稿されたバナー広告を対象に,広告主から作品を募集する。

「企業の部(ウェブコンテンツ部門)」は,Yahoo! JAPANへの出稿有無にかかわらず,企業が制作した,バナー以外のあらゆるクリエイティブが該当する。

「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2008」サイトやビジュアルのデザインは1次審査員を務める遠崎寿義氏(ザ・ストリッパーズ株式会社)と鎌田貴史氏(spfdesign Inc.)のユニットで制作している。本サイトは6月上旬に公開する予定。

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2008
URLhttp://creative-award.yahoo.co.jp/

コメント

コメントの記入