ニュースリリース

アックス,自社の組込みOS群とARM純正開発ツールとのバンドル製品の提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)アックスは,2008年4月24日,英ARM社純正開発ツールの「RealView Development Suite(RVDS)」のVAR(Value Added Reseller)になったことに伴い,同社の組込みOS群との組み合わせによるバンドル製品の提供を開始した。先に,マルチメディア機器向けaxLinuxとリアルタイムOS「POSIX準拠RTOS」が対応し,実時間指向OSXTALも対応する予定。

ARMアーキテクチャ対応のaxLinuxに対してRVDSを利用することで,組込みLinux機器において次のようなメリットがあるという。

  • RealView Debugger/RealView ICEのサポート
    カーネルデバッグ機能によりカーネルおよびデバイスドライバや割込み処理のデバッグが可能
  • axLinux用アプリケーション作成機能
    axLinuxSDK付属のgnuツールと比較し,より小さなサイズのコードが出力される(カーネルのビルドはgnuツールを使用)
  • 統合開発環境Eclipseを採用
    Eclipseからターゲット上のアプリケーションをビルド/デバッグ可能
  • GPLライセンスを意識しないアプリケーション開発
    ARM純正コンパイラを使用するため,GPLライセンスを意識することないアプリケーション開発が可能
(株)アックス
URLhttp://www.axe-inc.co.jp/

コメント

コメントの記入