ニュースリリース

アックス,リアルタイムトレース対応のMDK-ARM 3.20の販売を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

(株)アックスは,2008年5月9日,独Keil社(2005年11月に英ARM社が買収)のARM RealViewマイクロコントローラ開発キットの最新バージョン「MDK-ARM Ver3.20」の販売を開始した。併せて,Keil社は同開発キットが独SEGGER社製デバッガ「J-Link」とETM(Embedded Trace Macrocell)対応の「J-Trace」に対応したことを発表した。

MDK-ARM 3.20リアルタイムトレースのサポート

MDK-ARMは,Ver.3.15b以降のバージョンでARM Cortex-M3プロセッサベースのデバイス向けのリアルタイムトレースをサポートが可能となった。Cortex-M3のシリアルワイヤ(SW)デバッグモードに対応し,JTAGインターフェースの2ピンインターフェースへの変換などができるシリアルワイヤビューア(SWV)では,さらにピンが1本追加され,以下のような機能が提供された。

  • 割込み実行
  • 選択された変数のデータ読み込み/書き込み
  • イベントカウンタ
  • ユーザトレースデータに関するリアルタイムトレースの情報表示

統合開発環境(IDE)であるμVisionの複数の専用トレースウィンドウには,トレースコード,状態変化,デバッグメッセージが次のように表示される。

トレースコードウィンドウにトレース情報をリアルタイムに表示

トレースコードウィンドウにトレース情報をリアルタイムに表示

これらの機能はすべて標準のRealView MDKとJTAG-ICEのULINK2とULINK-MEを使用して利用できるため,ソフトウェアまたはハードウェアツールを別途追加する必要がなくなる。

SEGGER J-Link,SEGGER J-Traceのサポート

SEGGER J-Linkは,ARM 7,ARM 9,Cortec-M3ベースのデバイスをサポートし,最大JTAG速度12MHzのJTAG-USBアダプタで,各種複数ベンダのスタータキットに同梱され,SAM-ICE(米Atmel社製)およびmIDAS-Link(米Analog Devices社製)と同じ機能を持つ。J-Linkを直接サポートすることにより,ほかのツール製品およびスタータキットと比べ,独自で高度なRealView MDKの機能を活用できる。

また,SEGGER J-TraceはARM 7およびARM 9の全デバイスに対してリアルタイムトレースおよびJTAGデバッグを実行するETM(Embedded Trace Macrocell)に対応した内蔵した一体型ユニット。J-Traceからのトレース情報は,Keil社の統合開発環境(IDE)のμVisionデバッグおよび分析ツールとシームレスに接続され,インジケータウィンドウに表示される。

J-Trace

J-Trace

(株)アックス
URLhttp://www.axe-inc.co.jp/
アーム(株)
URLhttp://www.jp.arm.com/
Keil社
URLhttp://www.keil.com/

コメント

コメントの記入