ニュースリリース

アックス,STM32シリーズ(STマイクロエレクトロニクス)対応版のリアルタイムOS発売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

4月に英ARM社純正開発ツール「RVDS(RealView Development Suite)」のVAR(Value Added Reseller)となった(株)アックスは,7月上旬から同社のリアルタイムOS「POSIX準拠RTOS for RVDS」STマイクロエレクトロニクス製STM32シリーズ対応版製品を販売開始すると発表した。

STマイクロエレクトロニクスは世界的な総合半導体メーカで,半導体業界における5つの成長市場分野(通信,コンシューマ,コンピュータ&周辺機器,自動車,FA)においてバランスよく売上が配分されている。同社のSTM32シリーズは,高性能,低消費電力および低コストが要求される組込みアプリケーション向けのARM Cortex-M3コアベースの新しい32ビットFlashマイクロコントローラで,低消費電力の組込みアプリケーションとしては,血糖値測定器や電力計,電池駆動のアプリケーションが挙げられる。

なお,POSIX準拠RTOS for RVDSは,アックスのリアルタイムOS「POSIX準拠RTOS」がARMアーキテクチャとRVDSに対応したもので,以下のような特徴がある。

  • POSIX Thread(IEEE 1003.13)APIを実装
  • μITRON/XTAL/UNIXインタフェースを実装
  • MMUがないCPUをサポート

これまで小規模なシステム上においてμITRONなどで開発してきた既存資産を,最新RVDSツールにスムーズに移行することができるという。

(株)アックス
URL:http://www.axe-inc.co.jp/
STマイクロエレクトロニクス
URL:http://www.st-japan.co.jp/

コメント

コメントの記入