ニュースリリース

地方総合研究所,国内ニアショア開発を開始-国内でのローコストなWebシステム開発を可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

北京オリンピックを直前に控えた現在,中国におけるオフショア開発は,人月あたり25万~35万円の発注単価と高騰しており,オリンピック後もインフレによるさらなるコストアップが予想されている。また,中国を含め多数の海外プロジェクトにて,言語の壁などによる仕様の理解不足でプロジェクトの失敗事例や作り直しが多数報告されている。

(株)地方総合研究所(LGI)では,このような開発リスクを回避し,オフショア開発と同等の開発コストで,より高品質なシステム開発サービスを提供するため,地方の開発拠点および開発技術者を組織化した低料金のWebシステム開発支援サービスを開始した。

開発技術者の組織化については,LGIのグループ企業が運営しているITスクールを活用し,地方採用の技術者に3ヵ月間JavaやUMLの研修を実施。同社の東京,大阪拠点の社員が業務仕様をとりまとめ,プロジェクトを管理し,研修を終えた技術者を率いてシステム開発とテスト作業などを実施する。

(株)地方総合研究所
URLhttp://www.lgi.co.jp/

コメント

コメントの記入