ニュースリリース

アドビ,Adobe AIR 1.1を6月17日から提供開始─次なる構想とは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2008年6月19日,アドビシステムズ(株)は都内で「Adobe AIR 1.1」についての説明会を開いた。

Adobe AIRはデスクトップ向けRIA(Rich Internet Application)を開発・配布するためのアプリケーション開発技術。2008年2月のAIR 1.0リリースから約4ヵ月で新バージョンの登場となった。説明会で,同社マーケティング本部デベロッパマーケティングスペシャリストの轟啓介氏はAIRを「脱ブラウザをしたFlash」と表現する。

AIRについて説明する轟啓介氏

AIRについて説明する轟啓介氏

AIRの特徴として,以下の3点が挙げられる。

  • ワンクリックでインストールできる手軽さ
  • 既存のWebメディア技術(Flash Player,Adobe Readerなど)を統合しているため,開発者が新たに勉強する必要がなく,今までの技術で開発可能で効率的であること
  • 1つのAIRファイルを作成するだけで,クロスプラットフォームに配布できること

2月にAIR 1.0がリリースされて以降,日本語が正式にサポートされていない状況にもかかわらず,その注目度は高く,AIR Runtimeのダウンロード数は数百万/月。関連記事,書籍なども多数発表されている。そのような中で今回のバージョン1.1は発表された。

AIR 1.1の主な改良点は以下のとおり。

  • 日本語にフル対応
  • 日本語だけでなくフランス語,ドイツ語など多言語対応
  • サーバとの連携(SQLiteとの連携強化)によりさらに強力なアプリケーション作成が可能

これらにより,AIRの商用価値はさらに高まるとアドビシステムズは期待している。

また,説明会では次バージョンのAIRの構想についても言及された。次のAIRではFlash Player 10を搭載予定(ベータ版をAdobe Labsで公開中)で,さらに表現力が豊かになるという。また,AIRをあらゆるスクリーン上で閲覧可能にするOpen Screen Projectという計画も進行中。

AdobeAIR OpenScreenProjectの概要

AdobeAIR OpenScreenProjectの概要

AIR 1.1の発表にあたり,AIRコンテストの審査員を務めるクラスメソッド(株)代表取締役 横田聡氏は,「AIRはクリエイターだけのものではない。開発者から見ても,日本語環境が整い,AME制御ができ,日本語コミュニティがあり,複数言語に対応しているという魅力がある。またAIRを使うことで,今までは別々にもの作りをしていたデザイナーとデベロッパーが一緒にチームとして仕事でき,ユーザの使い勝手,ニーズなどについて早い段階から話ができ,お客様が早い段階で完成イメージを見ることができる」と開発者の立場からAIRの魅力を語った。Adobe AIRは今後もさらなる展開を見せていくであろう。

AIRの製品詳細,ダウンロードについてはAdobe AIRのトップページを,すでに発表されているアプリケーションの事例については「Adobe AIR:アプリケーションの事例」を参照。

アドビシステムズ
URL:http://www.adobe.com/jp/

コメント

コメントの記入