ニュースリリース

アイ・エス・ティ,ネットワーク監視ソフト「NetKids」の新バージョンを7月中旬より販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)アイ・エス・ティは6月27日,ネットワーク/サーバ監視ツールの新バージョン「NetKids iMark V3」の販売を7月中旬より開始することを発表した。販売価格は78,000円(税別,10監視項目の場合)~。

同製品は,各種プロトコルを利用して社内ネットワークのサーバ等を監視し,異常時には管理者へメールやトラップなどでアラートを飛ばしその異常を素早く通知するソフトウェア。今回の新バージョンでは,既存ユーザから要望の多かった監視項目の追加や,エラー時通知の複数方法機能など通知機能の強化,さらに監視項目の追加設定等の容易化が図られている。

「NetKids iMark V3」の新機能は以下のとおり

  • 監視項目の追加
  • SNMP V3応答時間,SNMP V3データ取得,DNS正引き応答,DNS逆引き応答,PostgreSQL応答時間,MySQL応答時間の追加
  • エージェントを利用しない監視項目の追加(Windows,UNIX/LinuxのCPU稼働率,メモリ容量,空きメモリ容量,ディスク容量,空きディスク容量)
  • UNIXファイル監視における,全角指定文字列での監視
  • アラート通知機能の強化
    複数通知を行える通知テンプレート機能の追加
    エラー判定時だけでなく,一定時間経過したエラーに対しても再度通知アクションを行う機能の追加
    電子メール環境がSMTP authの場合でもアラートメール送信が可能に
  • 設定・運用に関する新機能
    監視項目のグループを従来の1階層から3階層まで設定可能に
    監視項目のグループごとのコピーと貼り付けが可能に
    MIB定義ファイルをあらかじめ指定ファイルに配置することで,SNMP監視項目を設定する際,OIDの参照が可能に
    iMark本体がWindowsのサービスとして可能に

なお,7月中旬より同製品の評価版が,アイ・エス・ティWebサイト内のダウンロードページにて公開される予定。

(株)アイ・エス・ティ
URLhttp://www.istinc.co.jp/

コメント

コメントの記入