ニュースリリース

MySpaseとアーティストストア「viBirth」が音楽事業で提携-ウィジェット×SNSで新しい流通形態を創る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

マイスペース(株)は7月16日,(株)ブレイブと提携し,音楽・映像アーティストを支援するアーティストストアviBirth(ヴィバース)をMySpaseの公式ストアとすることを発表した。

ウィジェットを利用した新しい流通形態

ヴィバースは,アーティスト自ら作った楽曲を,自ら管理し,自ら販売するプライベート・レーベルサービス。自宅PCから「iTunes Store」「Napster」など世界20ヵ国以上の音楽配信サイトへの楽曲販売に伴う契約,楽曲登録作業などをすべてオンラインで完結できる。

MySpaseとの提携による対象は,レコード会社やレーベルに所属していないアーティスト。流通形態を持たない彼らが直接ユーザに作品を届けるための,配信プラットフォームとさせるのが狙い。

アーティストはヴィバースに登録(月額3,150円)し,楽曲販売ウィジェットをMySpace上の自身のプロフィールページに設置することで,同ページ上での作品の販売が可能となる。

ウィジェットはblogパーツ

ウィジェットはblogパーツ

このシステムによる最大のメリットは反応率の高さ。SNSのプロフィールページという,自分をプロモーションする格好の場において直接作品を販売できるため,いわゆるダウンロードサイトやアフィリエイトリンクによる販売方法よりもコンバージョンが高いとのこと。

なお,正式なサービス開始は今月末となる。その他の機能など詳細はヴィバースのページを参照。

「流すインターネットから創るインターネットへ」

同日に都内で行われた記者発表会において,マイスペース(株) 代表取締役社長 大蘿氏は同社事業ビジョンを流すインターネットから創るインターネットへとし,「アーティストの生み出す能力をソーシャルネットの力で最大限に高めたい」と述べた。

日本のMySpase登録アーティストは7万5,000組。そのうち80%の6万組が流通形態を持たない未契約の才能だという。「今回の提携が,彼らの世に出る動機付け・元気付けとなり,音楽業界の活性化につながることを願いたい」(大蘿氏)

事業ビジョンを掲げながら提携への意気込みを述べるマイスペース(株) 代表取締役社長 大蘿氏。MySpase上で直接購買ができるシステムは,実は今回が初めてとのこと。

事業ビジョンを掲げながら提携への意気込みを述べるマイスペース(株) 代表取締役社長 大蘿氏。

マイスペース(株) 代表取締役社長 大蘿氏(左)(株)ブレイブ 代表取締役 殿村氏

マイスペース(株) 代表取締役社長 大蘿氏(左)と(株)ブレイブ 代表取締役 殿村氏

マイスペース(株)
URLhttp://www.myspace.com/

コメント

コメントの記入