ニュースリリース

エクセルソフト,新世代マルチコア向けライブラリ「インテル TBB 2.1」の販売を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

エクセルソフト(株)は,新世代のマルチコア向けにアプリケーションのマルチスレッド化を簡素化する米国Intelのライブラリ製品「インテル TBB 2.1」を日本国内において2008年7月24日より販売開始した。

インテル スレッディング・ビルディング・ブロック(インテルTBB)2.1 は,最適なパフォーマンスをマルチコア上で実現するために,一般的なアルゴリズムとデータ構造をマルチスレッド化して提供する C++ラインタイムライブラリ。C++アプリケーションからこれらのテンプレートを呼び出すだけで並列化を実装できるため,新世代マルチコアの能力を引き出すマルチスレッド・アプリケーションを素早く作成できる。

バージョン2.1 では,開発者が並列化しやすいように新しいユースケースが追加されたほか,パフォーマンスが強化され,Microsoft Visual Studio 内でコンパイル変数を自動的に設定するプラグイン機能により,開発がより簡単になった。また,バージョン2.1 からMicrosoft Visual Studio 2008 をサポート。

またTBBは,GNU GPLv2ライセンスを適用したオープンソース版としても提供される。

同社では並列化促進キャンペーンとして,8月1日~9月30日までの2ヵ月間,バンドル製品の商用新規ライセンスを通常価格の10%割引にて提供する。

同製品はWindows版,Linux版,Mac OS版(Windows,Linux版はいずれも32/64ビット両対応)が用意されており,価格(シングルユーザライセンス/税込)はいずれも42,945円。

エクセルソフト(株)
URLhttp://www.xlsoft.com/intel

コメント

コメントの記入