ニュースリリース

携帯電話メーカー向けの「品質」「開発スピード」の改善における組込みLinuxの位置付け

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

商用の組込みLinuxを提供する米MontaVista Software, Inc.は,携帯電話メーカーから見た「品質」「開発スピードの改善」に対して,同社がどのように展開し,貢献できたのかについて発表した。

この数か月間,同社はLinuxベースの携帯電話向けソフトウェア群との統合度を向上させたという。MontaVista Linuxはすでに何十機種もの新型モバイル機器に搭載されており,LiMo Platform上で発売された第1弾のモバイル機器の85%以上で採用されている。さらに,同Linuxは,すべての主要Linuxモバイルソフトウェアのサポートを行い,それらとの統合を実現している。こうしたソフトウェアにはLiMo Platformに加え,ALP(ACCESS Linux Platform),Google Androidなどがある。

LiMo FoundationのWebサイト

LiMo FoundationのWebサイト

さらに同Linuxは,IPv6の認証を受けたモバイルLinuxとなった。モバイル機器はそれぞれ固有のIPアドレスを必要とするため,モバイル業界にとってIPv6は重要なものとなっている。モバイル機器の台数が増加していることが,インターネットのIPv6への移行を後押ししている。IPv6対応の認証を受けた全製品を掲載した一覧は,http://www. ipv6ready.org/logo_db/approved_list_p2.php から参照できる。

また,同社は米Freescale Semiconductor,米Intel,米Texas Instrumentsのモバイル機器用新型プロセッサも追加サポートした。

モンタビスタソフトウエアジャパン
http://www.montavista.co.jp/

コメント

コメントの記入