ニュースリリース

スタジオマップ,個人向けホスティングサービスのサービス体系を一新

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

(株)スタジオマップは12月1日より,ホスティングサービス「SPPDレンタルサーバー」の個人向けサービスのサービス体系を刷新することを発表した。PHP5,MySQL5,SQLiteなど最新のミドルウェアをインストールし,Webディスク容量を最大10倍に増量しながらも,価格据え置きでユーザに提供する。新シリーズ,「パーソナル」シリーズの特徴は以下の通り。

  • MySQL5データベースを3個まで標準で提供
    従来1個のみ有償オプションで提供していたMySQL4.0データベースを,標準機能で3個まで利用可能に。

  • PHP5に標準対応。PHP4も引き続き利用可能
    ユーザより要望の多かったPHP5(モジュール版)に標準対応。PHP4もCGI版として引き続き利用でき,過去のアプリケーションとの互換性も確保した。

  • cURL,SQLiteに標準対応
    新たにWebアプリケーション記述言語であるcURLや簡易データベースシステムSQLiteに対応した。

  • Webログの取得,共用SSLサービスを標準に
    従来は有償オプションで提供していたWebサーバの生ログの取得,スタジオマップ名義のSSLサーバを利用できる「共用SSL」を標準機能とした。

サーバアプリケーションやOSについても,最新のバージョン(CentOS5/Apache2等)を採用している。

また,Webディスク容量の大幅な増量を実現しており,従来の4コースを3コースに集約し,最低でも3Gバイトのディスク容量を確保している。SPPDレンタルサーバの特色として,一般的なホスティングサービスでは提供ディスク容量に含まれる「メールボックス」,「データベース」,「アクセス解析結果」,および「生ログ」については,別途無制限の共用エリアを用意しており,コンテンツとしてWebディスク容量を使い切ることができる。

ディスク容量の増量と料金は以下の通り。

ベーシックコース
Webディスク容量 300Mバイト → 3.0Gバイト
メールアカウント 5個
セットアップ料 \3,150
月額利用料 \1,050 (税込:月払い)
月額利用料 \961(税込:年払いの場合の月額換算)
スタンダードコース
Webディスク容量 600Mバイト → 5.0Gバイト
メールアカウント 10個
セットアップ料 \3,150
月額利用料 \1,890(税込:月払い)
月額利用料 \1,732(税込:年払いの場合の月額換算)
バリューコース
Webディスク容量 1.0Gバイト → 8.0Gバイト
メールアカウント 10個
セットアップ料 \3,150
月額利用料 \2,940(税込:月払い)
月額利用料 \2,694(税込:年払いの場合の月額換算)
(株)スタジオマップ
URLhttp://www.sppd.co.jp/

コメント

コメントの記入