ニュースリリース

Yahoo! JAPAN,新サービス「Yahoo! 百科事典」を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Yahoo! JAPANを運営するヤフー(株)は11月27日,(株)小学館の百科事典『日本大百科全書(ニッポニカ)』のコンテンツを収録したオンライン百科事典サービス「Yahoo!百科事典」を開始した。

「Yahoo!百科事典」は,小学館の『日本大百科全書』(全26巻)の見出し語を収録した辞典サービス。Yahoo!の他のサービスと同様,Web上から無料で利用できる。検索ボックスに用語を打ち込み直接用語解説を表示できるのはもちろん,直接ヒットしなくても関連する用語を表示したり,関係の深い項目へのリンクを辿ることができる。入力間違いの場合も正しい項目を推測して表示する機能を採用している。

また,解説ページにはテキスト,画像だけでなく音声,動画など(wmp形式)のマルチメディアコンテンツを収録。たとえば,「アメリカ合衆国」を表示させると,国旗,いくつかの建築物のほか「アメリカの領土の拡大」といった動画が収録されている。

「再生する」をクリックすると,メディアプレーヤで動画が再生される。

「再生する」をクリックすると,メディアプレーヤで動画が再生される。

このほかYahoo!検索との連動性を高め,Yahoo!JAPANで検索したキーワードが「Yahoo!百科事典」に収録されている見出し語と一致した場合,検索結果ページに「Yahoo!百科事典」の内容も直接表示される(2008年12月に開始予定)。

「Yahoo!百科事典」は新項目の追加や改訂など,毎月改訂される予定。小学館はこのコンテンツのために30人体制の選任の編集部門を立ち上げ,対応するという。今後は利用者からのヘルプページを使った質問などを通してフィードバックを受け,できるところから内容に反映していきたいとのこと。さらに幅広く利用者のフィードバックを受けるシステムも検討中という。

小学館の『日本大百科全書』全26巻を前にした発表記者会見出席者。左から(株)小学館 コミュニケーション事務局 プロデューサー 森田康夫氏,(株)小学館 専務取締役 中村滋氏,ヤフー(株)取締役COO 喜多埜裕明氏,ヤフー(株)検索事業部 企画部 一戸美穂氏

小学館の『日本大百科全書』全26巻を前にした記者会見出席者。

Yahoo! 百科事典
URLhttp://100.yahoo.co.jp/

コメント

コメントの記入