ニュースリリース

サムライズ,Webユーザエクスペリメンス管理サービスの新製品をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)サムライズは11月28日,米国ゴメス社が開発したWebエクスペリエンス管理サービスの提供を開始したことを発表した。このサービスは,オンデマンド型のASPサービス「Gomez Experience First」で,Webサイトの利用者が経験するパフォーマンスやコンテンツ品質の事前チェック/テスト,運用中のレスポンス/可用性の監視,レポーティング・アラートなどの機能を実現する。

特徴は以下のとおり。

  • オンデマンド型のASPサービス
    ユーザが事前に機器を用意する必要はなく,コスト,時間,リソースなどの導入時の煩わしさを低減。

  • ニーズに応じてサービスを選択可能(それぞれ個別の契約が可能)
    制作・デザインフェーズ:Reality QA
    テストフェーズ:Reality QA
    モニター・改善フェーズ:Active Monitoring,Actual Experience

  • 全世界に40,000以上の計測ノードをもつ
    日本国内に限らず,全世界のテストポイントから自社Webサイトの計測を実現。

  • ライフサイクル全般の管理基盤を提供
    モニタリングだけではなく,テストフェーズから利用が可能

  • 自社のWebサイトのパフォーマンスだけでなく,競合他社との比較や業界平均との比較が可能。

サムライズでは,同社の既存製品であるWebアクセス解析ソリューション「WebTrends」やアプリケーションパフォーマンス管理ソリューション「CA Wily」と組み合わせたトータルソリューションとしての提供も予定している。

(株)サムライズ
URLhttp://www.samuraiz.co.jp/

コメント

コメントの記入