ニュースリリース

「Japan Linux Symposium」10月21日~23日に開催決定,発表者の募集を開始-「Kernel Summit」は10月18日~20日開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Linuxの成長加速に取り組むグローバルな非営利団The Linux Foundation(LF)は,公開技術シンポジウム「Japan Linux Symposium」(JLS※1))の開催日程を2009年10月21日~23日に決定した。

LFは日本の技術者がLinuxの最新技術動向を入手し,開発コミュニティのリーダと対面で情報交換する機会を提供するために,「Japan Symposium」を2006年から継続して開催してきた。今回の「Japan Linux Symposium」は,Linuxカーネル主要開発者会議「Kernel Summit」(10月18日~20日※2))がアジアでは初めて東京で開催され,カーネル開発者たちが来日する機会に合わせて,規模/日数を拡大して開催されるもの。

「Japan Linux Symposium」開催概要

開催日程2009年10月21日(水)~23日(金)
開催場所東京都内(秋葉原)
開催目的Linux/オープンソースソフトウェア(OSS)に関わるすべての人が会同し,技術発表と意見交換の機会を提供する。基調講演やチュートリアルなどと併せて,日本およびアジア太平洋地域のLinux/OSSエコシステムの強化と拡大を図る。
プログラム基調講演,技術発表,チュートリアルなど
来場者約2,000名(予定)
Linuxおよびオープンソースソフトウェアに関心を持つすべての開発者,Linuxユーザ,学生,報道関係者
URLhttp://events.linuxfoundation.org/events/
japan-linux-symposium/

同シンポジウムの開催に伴い,2月2日から,全世界に向け同シンポジウムの発表者募集(Call for Participation)を開始した。Linuxカーネル,アプリケーション開発,クラウドコンピューティング,組み込みシステムへの適用,仮想化など,広範な領域における技術が発表の対象となる。

 

発表者募集(Call For Participation)概要

募集期間2009年2月2日~4月1日
応募内容150語(英文)で発表概要を提出。Linuxカーネルはもちろん,アプリケーション開発,クラウドコンピューティング,組み込みシステムへの適用,仮想化など広範な領域の話題を発表の対象とする。
募集後のスケジュール2009年 5月15日 審査結果発表
2009年10月12日 発表スライド提出
発表者の特典JLSの全セッションに無料で招待。
URLhttp://events.linuxfoundation.org/cfp
※1)
2008年10月の発表時は「Tokyo Linux Symposium」だったが,その後名称を変更。
※2)

第9回Kernel Summitの開催概要は以下の通り

開催日程2009年10月18日(日)~20日(火)
場所東京都内(秋葉原)
主催Linux Foundation
運営Linuxコミュニティ
参加者Linuxコミュニティの推薦による招待制
The Linux Foundation
URL:http://www.linux-foundation.jp/

コメント

コメントの記入