ニュースリリース

アルテラ,Quartus II開発ソフトウェアv9.0をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

米アルテラ・コーポレーションは,2009年2月3日,同社のFPGA,CPLD,HardCopy ASIC全製品群をサポートする統合「Quartus II」の新バージョンv9.0をリリースした。同日に発表された40nm FPGAの「Stratix IV GTFPGA」「Arria II GX FPGA」もサポートする。

今回追加された拡張機能により,アルテラのソリューションをより少ない開発コストで,より迅速に市場投入することが可能となる。

新機能は,「同時スイッチングノイズ(SSN)解析ツール」の追加がされており,SSN(Simultaneous Switching Noise)の潜在的な問題点を,ピン・アサインメントの際にフィードバックし,より迅速なボード設計とシグナル・インテグリティの向上を実現する。また,「SOPC Builder」の強化として,新しい「データシートジェネレータ」機能により,ハードウェア設計者とソフトウェア設計者のデザインハンドオフがより容易になり,Quartus II開発ソフトウェアによる設計の生産性がさらに向上する。SOPC Builder のGUI機能が拡張され,大規模システムの視覚化が一層容易になる。さらに「メタスタビリティ解析」が追加され,潜在的なメタスタビリティ回路の問題を自動認識し,MTBF(Mean Time Between Failures)値を自動でレポートする機能を「TimeQuestスタティック・タイミング解析ツール」に追加統合されている。

日本アルテラ
http://www.altera.co.jp/

コメント

コメントの記入