ニュースリリース

NEC,Express5800のバックアップ/ストレージ装置としてタンベルグデータ製RDXドライブを採用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

タンベルグデータ(株)は4月27日,日本電気(株)(NEC)がワークステーションExpress5800用データバックアップ/ストレージ装置として,同社の外付けRDXドライブUSBモデル「RDX External USB」をOEM採用したことを発表した。

今回NECにOEM採用された「RDX QuikStor」は2.5インチハードディスクベースのリムーバブルカートリッジ技術で,高性能,高信頼性とテープ同様の長期保存性を持つ低価格のデータバックアップ/ストレージ装置。

ドライブは高さ52.8ミリ,幅110.0ミリ,奥行176.4ミリの外付けタイプで,インターフェースはUSB2.0,転送レート20Mバイト/秒と,DAT72装置の3~4倍以上の速さを持ち,テープ装置ではできないランダムアクセスが可能で,バックアップソフトを使用しない簡単な運用にも対応できる。

また今回の発売と同時に,従来の80Gバイト,160Gバイト,320Gバイトに加え,500Gバイトのデータカートリッジを追加採用した。

画像 画像

タンベルグデータ(株)
URL:http://www.tandberg.co.jp/

コメント

コメントの記入