ニュースリリース

カスペルスキーとトランスウエア,マルウェア対策エンジンの提供で提携

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)(株)トランスウエアは業務提携し,トランスウエアが提供する「クラウドマーク」「SVM」のツインエンジンを搭載したアンチスパム「Active! hunter」の最新バージョン「Active! hunter 3.2」に,カスペルスキーのマルウェア対策エンジン「Kaspersky Anti-Virus」をオプション搭載して提供開始することを発表した。

また,両社は今後共同でトランスウエアのメール誤送信防止製品「Active! gate」およびWebメール製品「Active! mail」「ファイル管理拡張オプション」についても「Kaspersky Anti-Virus」をオプション搭載して提供することを検討している。

今回,「Active! hunter 3.2」「Kaspersky Anti-Virus」をオプション搭載することにより,ユーザは「カスペルスキー」「クラウドマーク」「SVM」の業界最高水準の技術を統一インターフェースで使用することが可能となる。

「Active! hunter 3.2」のKaspersky Anti-Virusオプションの価格は,スタンダードライセンス(企業向け)が50ユーザ年間77,000円(税抜き)~,アカデミックライセンスが50ユーザ年間38,500円(税抜き)~となる。なお,今回発表されたKaspersky Anti-Virus搭載Active! hunter 3.2は5月13日より東京ビックサイトで開催される「情報セキュリティEXPO」にてデモンストレーションされる。

(株)Kaspersky Labs Japan
URL:http://www.kaspersky.co.jp/
(株)トランスウエア
URL:http://www.transware.co.jp/

コメント

コメントの記入