ニュースリリース

日立システムアンドサービス,Adobe Flexを採用した文書管理システム「ラビニティ One」発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)日立システムアンドサービスは5月13日,企業向けドキュメント管理ソリューションの新製品「ラビニティ One」を発売した。

同製品は,Adobe Flexのリッチクライアント技術を採用することで,ドラッグ&ドロップによる文書移動など,Webブラウザ上でデスクトップアプリケーションのような操作性を実現した文書管理パッケージ。従来シリーズの文書管理機能に加え,共有ファイルサーバ上での文書作成業務で個別に行っていた作業指示や状況フォローを,成果文書として管理することでメンバーの進捗状況を共有しながら作業できるワークスペース機能や,複数の文書をまとめて参照/印刷できるクリップ機能などが追加されている。また,アクセス権設定や監査証跡ログにより,不正操作の防止/追跡が可能。

価格は123万9,000円~(2010年3月受注分までのキャンペーン価格)。

(株)日立システムアンドサービス プロダクトソリューション本部
ドキュメントソリューション部長 三原 丈英氏

(株)日立システムアンドサービス プロダクトソリューション本部 ドキュメントソリューション部長 三原 丈英氏

製品ラインナップ

ラビニティ One Express
登録ユーザ数目安50人
文書数上限100万文書
価格157万5,000円~
(2010年3月受注分までのキャンペーン価格:123万9,000円~)
ラビニティ One Standard
登録ユーザ数目安300人
文書数上限300万文書
価格367万5,000円~
(2010年3月受注分までのキャンペーン価格:312万9,000円~)
各機能を別マシンにインストール可能
ラビニティ One Enterprise
登録ユーザ数無制限
文書数上限無制限
価格997万5,000円~
各機能を別マシンにインストール可能(各機能1CPU分を本ライセンスに含む)
(株)日立システムアンドサービス
URL:http://www.hitachi-system.co.jp/

コメント

コメントの記入